« 政治の失敗がもたらすものの実例 | トップページ | 政治家はオールマイティ(マニフェストで選んではイケナイ) »

2010年2月 6日 (土)

不正なお金はないが、表に出せないお金はある

不正なお金はないが、表に出せないお金はある

毎日新聞:小沢氏団体不透明会計:小沢氏不起訴 「不正な金ない」--一問一答
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100205ddm005010116000c.html

 --道義的責任を含め自身の進退は。

 小沢氏 代表者ですから、最終的責任は私にある。ただ、石川自身も弁護人を通じてコメントしているようだが、報道等でずっと言われてきたような不正なお金は一切もらってないということを最後まで主張していたと思う。幹事長の職責を返上しなければならないとは考えていない。いずれ代表にお会いする機会があると思う。

「不正なお金は一切もらってない」かも知れないが、表に出せないお金はある。

でなきゃ、報告書を誤魔化したり、説明がコロコロ変わったり、現金で何億円も自宅に置いといたりしないって。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 政治の失敗がもたらすものの実例 | トップページ | 政治家はオールマイティ(マニフェストで選んではイケナイ) »

コメント

お金に「不正」と書いてあるわけでは有りませんから、不正な金など何処にも有りません。
使い方が汚い、手に入れ方が黒くて判らない、政治家が20数億の不動産を個人で持っている、。ましてや沖縄の「辺野古」にまで手を伸ばしている。普通じゃありませんね。

投稿: 猪 | 2010年2月 6日 (土) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47489313

この記事へのトラックバック一覧です: 不正なお金はないが、表に出せないお金はある:

» 創生『日本』は、行動する議員の集団に脱皮! [憂国、喝!]
安倍氏会長の研究会が「創生『日本』」に名称変更  保守勢力の再結集を掲げる自民党国会議員を中心とした「真・保守政策研究会」は5日、自民党本部で総会を開き、会の名称を「創生『日本』」に変更することを決めた。名称変更について会長の安倍晋三元首相は終了後、記....... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 09時39分

« 政治の失敗がもたらすものの実例 | トップページ | 政治家はオールマイティ(マニフェストで選んではイケナイ) »