« 戦争中なのです | トップページ | 金だけ出せば良いのか »

2010年2月26日 (金)

ヨーロッパから学ぶべきこと

ヨーロッパから学ぶべきこと

中国新聞:移民受け入れ 欧州から学ぶ
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201002140016.html

 フランス、オーストリア、オランダ、日本の研究者6人が講演した。仏レーヌ大のジャン・リュック・リシャール准教授は、地方参政権を欧州連合(EU)加盟国出身者に認めたフランスの移民統合政策を紹介し、「日本でも市民権の概念を変える新しいモデルが必要なのでは」と投げ掛けた。

フランスではアフリカからの低所得の移民が暴動を起こしていますね。移民政策についてフランスは反面教師である部分もあります、下手に移民を受け入れたら治安の悪化と文化の衝突を招くという。

そして「地方参政権を欧州連合(EU)加盟国出身者に認めた」というようにEUと言う超国家を目指している国家相手にしか参政権を認めていないことも記憶しておくべきでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 戦争中なのです | トップページ | 金だけ出せば良いのか »

コメント

日本は何処からも学ぶことなど有りません。世界で一番良い国・馬鹿な国でしょう。

投稿: 猪 | 2010年2月27日 (土) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47669974

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパから学ぶべきこと:

« 戦争中なのです | トップページ | 金だけ出せば良いのか »