« がっかりだよ | トップページ | ドイツ社会の健全さと極右 »

2010年2月16日 (火)

負け比べ

負け比べ

時事通信:自民再生「絶対ない」=渡辺喜氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010021500677

 渡辺氏は、各種世論調査で鳩山内閣の支持率と不支持率が逆転しながら、自民党の支持率が民主党を下回っていることに触れ、「自民党が終わったという一つのシンボルだ」と指摘。「新旧分離しかない。旧自民党には党本部と借金を乗せて処理する。新自民党はみんなの党と一緒に、(政界)再編を行っていくイメージだ」と述べ、自民党内の「改革派」との連携に意欲を示した。

旧来の自民党政権の方が、現在の民主党政権よりもマシだとは私は思う。しかし、民主党政権がこれだけダメダメなのに、自民党への支持率が上がらない。

これは国民が変化を求めている、このままだとジリ貧だと認識していることを示している。

だから「自民党(≒安心)+改革(≒希望)」であった小泉さんがあれほど支持されたのだ。

現在の自民党からは、改革への意欲やプランが見えてこない。自民党自身にも改革のイメージはない。

夏の参議院選挙は「負け比べ」になるのではないだろうか。


BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« がっかりだよ | トップページ | ドイツ社会の健全さと極右 »

コメント

国民のレベルが落ちているのですから「人気者」を仕立てて選挙戦を戦う、それからの「勝負」でしょう。
人気のある奴を「旗印」にやるより仕方が無い所まで国民が落ちているんですよ。

投稿: 猪 | 2010年2月16日 (火) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47580622

この記事へのトラックバック一覧です: 負け比べ:

« がっかりだよ | トップページ | ドイツ社会の健全さと極右 »