« 痛みを受け止めよ・公共交通の衰退 | トップページ | 不安です »

2010年2月18日 (木)

もしかして....アタマ悪いのですか?金子秀敏さん

もしかして....アタマ悪いのですか?金子秀敏さん

毎日新聞:早い話が:親米論者の反米論調=金子秀敏
http://mainichi.jp/select/opinion/kaneko/news/20100218dde012070016000c.html

金子秀敏さんの記事には納得できないことが多くて頭を抱えることが多いのですが、このコラムもそうです。事実を事実として認識できないような印象を受けます。ここまで行くと陰謀論とか利敵行為とか言う前にアタマが悪いんじゃないだろうかとさえ思ってしまいます。アタマが悪いのかしらと思った部分を引用しつつ感想を書きます。

 帰国後キャンベル氏は、小沢氏を団長とする民主党訪米団を5月に派遣してほしい、オバマ大統領との会談も設定に努めると申し入れたと語った。

 会談の日が重要だ。東京地検が小沢氏を起訴するかどうか正式に決める2日も前である。もし小沢氏が起訴されていたら、米国の威信にかかわる大失態になった。

面会した人間が、起訴されたら「大失態」なんですか?「米国の威信」にかかわるんですか?

アメリカが小沢さんに勲章でも出したなら話は別と思います。でも、アメリカが、小沢さんを褒めたのではなく、「犯罪者だろうが、そうでなかろうが、実力を持った人間である。交渉相手だ」と認めただけです。

会談=報償、会談=名誉、と言うのは「天皇陛下との謁見」のような儀礼的な場合のみの話です。

キャンベル氏のような実務者が会談した相手が犯罪者だったとしても「米国の威信にかかわる大失態になった」りはしないと思いますが、私の認識は間違っているのでしょうか。

 それなのにキャンベル氏が、大統領に会ってほしいと申し入れたのは与党幹事長だ。招待した5月は、まさに鳩山首相が結論を出す時期に当たる。

えーっと、報道によると小沢さんが大統領との会談を求めたのであって、キャンベル氏やアメリカが小沢さんとの会談を求めたのではないですよね。金子さんも「オバマ大統領との会談も設定に努める」と書いているじゃないですか。もしアメリカが「大統領と会って下さい」と言ったのであれば「設定に努める」なんて言う訳がありません。金子さんの書いていることが、アメリカの意志として大統領と会談して欲しいと申し入れたのではない事を裏付けてしまっています。

  *        *        *

 日米同盟重視の親米論陣を張る新聞が、小沢氏に幹事長辞任を強く求めている。米国の国益に反する主張になるが、この矛盾を見落としてないか。

小沢さんは親米ではなくて親中であるように見えるのですが、違いますか?

アメリカが小沢さんを重視しているように見えるとしても、それは小沢さんの支配力を評価しているだけであって、小沢さんが親米であることを意味しません。

アメリカは力のある者と交渉するのです、親米であろうと反米であろうと。

  *        *        *

中国風の思考回路なのかな、自国に利益になる人物としか会談しないと言うのは。そう言えば前原さんが「中国は軍事的脅威」と言ったら中国の要人との会談を拒否された事があるよね。

当時、「わかりやすいな中国は」とか「自国に反対する人間との接触を嫌っていたら、自家中毒になって行き詰まるのでは」と思った事を思い出します。

  *        *        *

金子さんのコラムはどこかおかしい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 痛みを受け止めよ・公共交通の衰退 | トップページ | 不安です »

コメント

起訴関係ないでしょうね。起訴された時点でアメリカが断りたきゃ断るでしょう。
脅かされに行くだけの訪米など意味なし、大体「日米中三角形」なんて馬鹿な事を言う資格など日本に有るわけがない。
対等にしたけりゃ、一人前の国に成る事が先でしょう。

投稿: 猪 | 2010年2月19日 (金) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47602785

この記事へのトラックバック一覧です: もしかして....アタマ悪いのですか?金子秀敏さん:

« 痛みを受け止めよ・公共交通の衰退 | トップページ | 不安です »