« 公職選挙法を改正して選挙に外国人が関与するのを禁止すべき | トップページ | 現場将校の意見を無視する司令官の指揮で勝てるか »

2010年2月 2日 (火)

たのむ、こいつなんとかしてくれ

たのむ、こいつなんとかしてくれ

朝日新聞:鳩山首相「経済の対米依存から脱却を」
http://www.asahi.com/business/update/0201/TKY201002010476.html

 鳩山由紀夫首相は1日、メキシコのカルデロン大統領との会談後の共同会見で、「メキシコも日本も経済は対米依存という状況だった。そこから脱却し、よりアジアに目を向けた貿易、経済関係を強化するという思いの中で、経済連携協定(EPA)をさらに発展させていくことが大変重要だという認識をお互いにもった」と述べた。

 首相は米国軽視と受け止められると考えたのか、直後に「米国が最も重要な二国間関係と認識し、より広く、特にアジアに視野を置いた交流を深めていくという意味だ」と付け加えた。首相は昨年10月の訪中時、「ややもすると、日本は米国に依存しすぎていた」と発言し、米側で不快感が広がった経緯がある。

鳩山さん、「経済の対米依存から脱却」は良いんだけどさ、見通しはどうなのさ。

普天間問題みたいに、問題提起したらグチャグチャになって、結局、何もしない方が良かったって事にならないよね。「脱却する」と言って相手との関係を不味くして、脱却できなかったら困るのは日本だからね。

喧嘩するのは良いけど、勝てなきゃ、最悪だかんね。

  *        *        *

うかつに「こうだと良いな」って事を口にするのはどうかと思う。

立場あるんだから。

しかも、相手が言ってもいないことについて「認識をお互いにもった」と言っている。

読売新聞:首相が会見でまた“勇み足”…メキシコ大統領会談
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100202-OYT1T00125.htm

 しかし、外務省によると、大統領は会談で「メキシコからの輸出の85%が米国向けだ」などと触れただけで、「対米依存からの脱却」などの言及はなかったという。外国要人との会談内容をめぐる首相の新たな不適切発言といえそうだ。

発言は鳩山さんの思い込み。相手を(自分の主義主張に)巻き込んでいる。鳩山さんは、自分一人でアメリカと対立するのは恐いもんだから、自分勝手に「アイツも友達」って思い込んじゃっているんじゃないか。

巻き込まれたメキシコもいい迷惑だと思うぞ。

  *        *        *

日本国民にとっては....自分で選んで支持率も40%以上あるんだから....自業自得...かな。

  *        *        *

麻生前首相も「失言」では、マスコミにずいぶん叩かれたけれど、読み間違いとかで、鳩山さんのように、相手の発言を曲解したり、不用意に怒らせたりするような事は無かった。

麻生前首相の失言と鳩山さんの失言、どちらが危険であるかは言うまでもない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 公職選挙法を改正して選挙に外国人が関与するのを禁止すべき | トップページ | 現場将校の意見を無視する司令官の指揮で勝てるか »

コメント

芯の無い人ですから、年中フラフラしているのでしょう。
一度も自分で金を稼いだ事の無い人ですから、しゃべる言葉が全部軽い。

投稿: 猪 | 2010年2月 2日 (火) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47456101

この記事へのトラックバック一覧です: たのむ、こいつなんとかしてくれ:

« 公職選挙法を改正して選挙に外国人が関与するのを禁止すべき | トップページ | 現場将校の意見を無視する司令官の指揮で勝てるか »