« 嫌悪率も高いのでは | トップページ | バカすぎる子供手当て »

2010年3月10日 (水)

暴力が存在する現実

暴力が存在する現実

朝日新聞 社説:日米密約報告—国民不在の外交にさらば
http://www.asahi.com/paper/editorial20100310.html

 鳩山由紀夫首相は今後も、非核三原則を堅持する方針を表明した。

 日本の安全保障にかかわる危機の発生に備え、このさい核搭載艦の寄港は認める「2・5原則」に転換すべきだとの主張も出ている。

 しかし、現実に米国による日本への核持ち込みは考えられない。最悪事態の想定に引きずられて、三原則を見直すのは本末転倒でしかない。

Wikipedia:南太平洋非核地帯条約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E9%9D%9E%E6%A0%B8%E5%9C%B0%E5%B8%AF%E6%9D%A1%E7%B4%84

ANZUS同盟加盟国でもあるニュージーランドは、当条約への署名と同年の1985年に、非核政策の一環として核兵器塔載可能な米国艦艇の寄港を拒否したため、米国はニュージーランドへの安全保障義務を停止している

日本が非核三原則を口先ではなく、厳密に実施しようとしたら、アメリカとの関係悪化を覚悟せねばなりません。

現在、アメリカの艦船には核兵器を搭載していない(潜水艦を除く)状況ですから、現在の軍事情勢下では「持ち込ませず」も含めた非核三原則を実施可能です。しかし、軍事情勢が悪化しアメリカが核兵器の搭載が必要だと判断した時、日本が寄港を拒否するなら、アメリカにとっての日本の利用価値を毀損することになります。

アメリカは善い人だから、日本を防衛してくれる訳ではありません。日本が利用価値のある存在だから、防衛するのです。

同じように日本もアメリカを利用しているのですから。

  *        *        *

日本が非核三原則を口先ではなく、厳密に実施しようとしたら、アメリカとの関係悪化を覚悟せねばなりません。日米同盟の破棄まで進むと考えるのは心配しすぎでしょうが、密約を暴くという「正しい行為」に夢中になっていると、いつのまにか、暴力で脅される存在になりさがってしまうかも知れません。

日米安保を維持したいのか、壊れてもいいのか。それで大丈夫なのかを考えねばなりません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 嫌悪率も高いのでは | トップページ | バカすぎる子供手当て »

コメント

こんなパフォーマンスで何が出てくるのでしょう?密約が有った?「だからどうした」。

アメリカの核密約じゃ不安だから「核保有」を認めて呉れるのかとでも言うなら判りますが・・・過去の為政者が日本に良かれとやった事。

結果は平和と安全を日本国民は満喫いしていた。これからどうするんだと言う事でも問うのかい・・・アホか。

投稿: 猪 | 2010年3月10日 (水) 10時01分

マスゴミは報道しないテロで隠蔽!草の根で拡散希望!!

驚愕!『子供手当て』の外国人優遇内容

2010/3/8 参議院予算委・丸川珠代(自由民主党・改革クラブ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9958237
(子供手当に関する質疑・・・19分20秒ぐらいから)

3月8日の国会質疑で丸川珠代さんが追及している。
↓動画
http://bit.ly/a0xRw4
(子供手当に関する質疑・・・18分58秒ぐらいから)

2010/3/5 衆議院厚生労働委・田村憲久(自由民主党・改革クラブ)
「アラブの王族に50人の子供がいて50人分支給される」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9928944

投稿: june | 2010年3月10日 (水) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47771661

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力が存在する現実:

« 嫌悪率も高いのでは | トップページ | バカすぎる子供手当て »