« 結局、県内ですか | トップページ | 国家と国民は不可分 »

2010年3月16日 (火)

厳しいとは思うが

厳しいとは思うが

西日本新聞:自民党再生へ “苦言”相次ぐ 谷垣総裁鹿児島入り
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/158679

 その後、谷垣氏は記者会見で、民主の支持率低下にもかかわらず、自民の支持率が伸びない理由について「党内の状況が影響していると思うが、努力の積み重ねで改善できる」と述べた。宇田隆光・県議団会長は「参院選勝利に向けて一致団結のきっかけになった」と強調した。

自民党はいわば、長い付き合いの末に「別れた・振った」妻(夫)なので、いまの妻(夫)に不満があっても元の鞘には戻りにくい。だから自民党の支持率は、少々の敵失があった程度では戻らないんだろう。その点では谷垣さんに同情しないわけではない。

しかし、「党内の状況が影響していると思う」との発言はいただけない。党内の状況ではなく、谷垣さんの論戦の弱さ(マスコミ受けしないこと。一般受けしないこと)が原因だろうと思うから。他人事のように思わせるから。

  *        *        *

出来る総裁なら、内紛すら「自民党は自由闊達、自民党の議員は飛び出してもやっていけるような強い政治家」とか、民主党に対抗したイメージ戦略に使うだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 結局、県内ですか | トップページ | 国家と国民は不可分 »

コメント

民主党を攻撃(口撃)しているだけじゃ昔の野党と同じ、政権を取り戻す指針を示さないと駄目でしょう。
地獄を知らないお坊っちゃん政治家と田中角栄の幻影を持う人ばかりの日本、これからが思いやられます。

投稿: 猪 | 2010年3月16日 (火) 09時29分

谷垣さんは、弁護士さんだけあって、理詰めで淡々と相手を追及する能力には秀でています。

じっくり聞くと、素晴らしい質疑です。

投稿:   | 2010年3月16日 (火) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47824111

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しいとは思うが:

» 蒼海の 「白鳳-昭和・平成のハイブリッド伽藍 1」 [ガラス瓶に手紙を入れて]
 私が、初めて薬師寺を訪れたのは、昭和二十七年である。 [続きを読む]

受信: 2010年3月16日 (火) 10時18分

« 結局、県内ですか | トップページ | 国家と国民は不可分 »