« 民族差別じゃありません | トップページ | 民主党政権は海外在住の日本人の教育をなんだと考えているんだ »

2010年3月 4日 (木)

秘書さんて可哀想

秘書さんて可哀想

日本経済新聞:予算案が衆院通過=年度内成立へ−「政治とカネ」なお焦点
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&rel=j7&k=2010030200857

 政府・与党は、子ども手当支給や高校授業料無償化などマニフェスト(政権公約)で掲げた主要施策の参院選前の実現に向け、参院での予算審議と並行して関連法案の年度内成立を目指す。一方、自民党など野党は鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の政治資金問題に加え、北海道教職員組合による違法献金事件を追及する方針。「政治とカネ」が引き続き焦点となる。 

「政治とカネ」って言うけど、正確には「政治家と秘書とカネ」だよね。鳩山さんも小沢さんの場合も「秘書がやりました」なんだもん。

秘書さんて可哀想だよね。

現場では危ないカネを扱わされて、事が表面化したら罪を被せられて切り捨てられ、国会でもマスコミでも軽く扱われる秘書さん。

現場での苦労はどんな仕事にもある事だけど、せめて議題にしようよ。「政治とカネの問題」じゃなくて、「政治家と秘書とカネの問題」にしてあげようよ。

話題にもならないんじゃ、改善されないよ。

  *        *        *

表のカネを問題にするなら「政治とカネ」で良い。裏のカネをなんとかしようとするなら「政治家と秘書とカネ」の関係を問題にしなければならない。

「政治とカネ」ではなく「政治家と秘書とカネ」と言うべきだと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民族差別じゃありません | トップページ | 民主党政権は海外在住の日本人の教育をなんだと考えているんだ »

コメント

秘書さんホントに可哀想ですね。大臣はツィッターで遊んでいて閣議に遅れても事務方のミス?本人は頭下げるだけ、誰でも大臣やれそう。

投稿: 猪 | 2010年3月 4日 (木) 09時51分

かつては、政治家には国を守る堅い意志があり、本音の部分で必要だが「法的には」黒い金銭を、秘書が扱い、秘書は「先生の志し」をまっとうさせるために殉じたのでしょうが・・

いつごろからでしょうね?

政治家には「金欲」しかなくて、そのためには平気で国を売り、平気で秘書を切り捨てるようになりました。

近年、政治家志望が減ったと聞きます。
尊敬できる職業でなくなったですからね。

国の危機です。

投稿: かぐやひめ | 2010年3月 5日 (金) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47720393

この記事へのトラックバック一覧です: 秘書さんて可哀想:

« 民族差別じゃありません | トップページ | 民主党政権は海外在住の日本人の教育をなんだと考えているんだ »