« 迷走〜普天間 | トップページ | あんまり喜べない »

2010年3月13日 (土)

結婚と同棲、帰化と永住許可

結婚と同棲、帰化と永住許可

民団新聞:<地方参政権>看過できぬ安保阻害論
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=12&category=2&newsid=12471
<地方参政権>看過できぬ安保阻害論

 帰化の要件は①引き続き5年以上日本に住所を有すること②20歳以上で本国法によって能力を有すること③素行が善良であること④自己又は生計を一にする 配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること⑤国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと⑥日本国憲法 施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他団 体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと‐が骨子になっている。

 ここで、永住権と帰化の取得要件を比較しておく必要があろう。結論から言って、⑤の国籍離脱に関することを除外すれば、永住権と帰化の取得要件の間に大きな違いはない。



 永住外国人が帰化者を含む日本国民と異なるのは、国籍のみである。実質上は薄皮一枚の違いしかないのになぜ、永住外国人は母国もしくは「特定の政治勢力」の指令によって集団的に動く存在と見なされるのか。

けっこう色々と思う所のある記事なのだけれど、一部分だけに反応する。

  *        *        *

「⑤国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと」

「永住外国人が帰化者を含む日本国民と異なるのは、国籍のみである」

要するに「籍があるかどうか」しか違わないのだから、同じに扱え、同じ権利をよこせと要求しているように見える。

  *        *        *

これに対する態度を決めるのは、「籍があるか」という事を大切なことだと思うか。「籍」なんて形式的な事はどうでも良いと思うかってことだ。

「籍」ってことで連想するのは、結婚。「籍を入れる」とか言うしね。国籍のある人間は「籍をいれた状態」で、永住外国人は「籍がない」ので事実婚とか同棲かな。

さて、結婚している相手と同棲している相手、同じだろうか。

さらに言えば「同棲している相手は妻子持ち(あるいは人妻)」。在日外国人は、無国籍でなければ、それぞれ国籍を持っている。韓国だったり中国だったり。

同棲している相手が昔の相手と(彼氏彼女と)籍をいれたままの状態と、結婚して籍をいている状態。相手に期待することや相手に与えるべき権利は同じだろうか。

おまけに、自分の意志で籍を変えないのだ。DVとかの事情があって籍を変えることが出来ないのではなく、相手の戸籍にあることが自分のアイデンティティであると言っているのだ。

つまり、こう要求している訳だ「離婚はしたくない、だから、あんたとは結婚できない。でも、権利は同じにしろ」。

  *        *        *

結婚と同棲、帰化と永住許可。「籍」というものが明らかに違う。でも、日々やることは同じだから、同じに扱うべきだろうか。

私は区別するべきだと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 迷走〜普天間 | トップページ | あんまり喜べない »

コメント

区別どころか、こんな人間は「差別」しても良いでしょう。

投稿: 猪 | 2010年3月13日 (土) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47796797

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚と同棲、帰化と永住許可:

« 迷走〜普天間 | トップページ | あんまり喜べない »