« 処罰されない無法者? | トップページ | 民族差別じゃありません »

2010年3月 3日 (水)

協議に応じつつ批判するべきだ

協議に応じつつ批判するべきだ

時事通信:与野党協議に参加せず=資金規正法改正−自民・谷垣氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010030201071

 自民党の谷垣禎一総裁は2日、政治資金規正法改正などを話し合う与野党協議機関設置に向けた民主党の動きについて、国会内で記者団に対し、「まず(鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長らが)今までやったことを明確に説明しなければ、乗るわけにはいかない」と述べ、同協議機関には参加しない方針を示した。
 谷垣氏は「(小沢氏の元秘書らが)政治資金規正法に違反しておいて、そのエクスキューズ(弁解)のため法を改正していくのは発想が逆立ちしている」と批判。「証人喚問をする、説明責任を果たす、あるいは石川知裕衆院議員の辞職勧告決議案を上程するとか、きちっとやれば話し合いに応じる用意はある」と述べた。

民主党が企業団体献金の禁止を言うなんて、お笑いもいいところだし、民主党が小沢さんや鳩山さんや北教組で起きている政治とカネの問題を誤魔化そうという意図があることは間違いない。

だが自民党は対話を拒否しなほうが良いと思う。

どうせ、自民党は少数派なので審議拒否しても民主党は(制度上は)押し切ることが出来る。マスコミは(民主党を擁護しきれなくなったとは言え、自民党を敵視するので)味方にならない。こんな状態では話合いや審議を拒否しても「何もしない、何も出来ない、自民党」「自民党は、昔風の野党になった」と思われるだけ。

話合いながら、民主党の矛盾や誤魔化そうとしている事を暴くしか方法は無いのではないか。

  *        *        *

資金規正法改正をするなら、企業団体献金の禁止をしても意味が無いと思う。

今回の問題は「表ルート」で起きたことではなく、「裏ルート」で起きた(鳩山さんの問題は明らかにこちら、小沢さんのは薮のなか)のだ。

表の献金を禁止しても再発防止にはならない。鳩山さんがおっしゃっていた「秘書の罪は、政治家の罪」という条項を作れば良い。秘書が政治家が代表を務める政治資金管理団体で不正を働いたら、失職するようにしたり、国会での説明義務を課すのだ。

  *        *        *

自民党は話合い拒否をするべきではなく「鳩山さんがおっしゃっていた『秘書の罪は、政治家の罪』を定義したい」と言うべきだと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 処罰されない無法者? | トップページ | 民族差別じゃありません »

コメント

自民党も競技に参加すべきでしょう。民主党が企業献金を禁止されても員数と「反日団体票」で票田を固めている現状を打破する為にも出席すべきです。
税金で選挙をやるか?自助努力で選挙資金を作るか?安易な方法で政治家が生まれるのは政治家の能力が下がる事でも有ります。

投稿: 猪 | 2010年3月 3日 (水) 12時34分

署名と拡散のお願い 

オンライン署名 『ちょっとまって!夫婦別姓 選択的夫婦別姓の導入に反対します! 』
の署名にご協力お願いいたします。

この署名は、3月からまた再開したようですね。

http://www.shomei.tv/project-1310.html

拡散もできたらお願いいたします。
話題に関係ないことですみません。

投稿: a | 2010年3月 3日 (水) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47711323

この記事へのトラックバック一覧です: 協議に応じつつ批判するべきだ:

» 橋下徹はコリア系アナーキスト大前研一の忠実なる弟子 [大阪府の橋下徹知事は狂ったアナーキスト]
←外部ページまで二度クリックお願い致します。 ←こちらもポチっと外部ページまでクリックお願い致します。 にほんブログ村 ブログランキング 政治 皆さん、こんにちは。 当ブログは、 現大阪府知事・橋下徹の正体を 明らかにするブログです。 以下の文章は、 筑波大学名誉教授・中川八洋著 「福田和也と魔の思想(清流出版)」 からの引用です。 ▼ 一九九一年末のソ連邦崩壊の前後より、 日本のコミュニスト(共産主義者)たちも 共産主義国家創りが 非現実化したための路線変更なのか、 アナーキズム(無政府主義)的な... [続きを読む]

受信: 2010年3月 3日 (水) 18時48分

« 処罰されない無法者? | トップページ | 民族差別じゃありません »