« 証拠隠滅で墓穴を掘った? | トップページ | うーん »

2010年3月 5日 (金)

隣人だけど仲間じゃない

隣人だけど仲間じゃない

しんぶん赤旗:朝鮮学校も無償に
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-03-05/2010030504_03_1.html

 主催者を代表して同協会の西澤清副会長があいさつ。「子どもたちの未来をどうするかということで考えることが大事だ。日本の社会に死ぬまで住み続ける子どもたちということを共通の基盤で考えましょう」と呼びかけました。

「日本の社会に死ぬまで住み続ける」

そうかもしれませんが、アイデンティティーから帰化できないんですよね。在日朝鮮人の方々は。

つまり、彼等自身が「俺等は日本の仲間じゃない」って言ってるわけさ。

仲間じゃないって言ってる相手を、なんで助けなくちゃならいんだよ。

  *        *        *

感情論かもしれないが、国家というのは「でっかい仲間」だからね。仲間同士で助あういろんな存在、家族とか親戚とか職場の団体とか、その最も大きいのが国家。同じ国家に属さないってことは、国家レベルで仲間じゃないってこと。

仲間じゃなければ、助けようって気持ちが小さくなるよね。高校無償化は国家のお金(日本の仲間のお金)で行われるんだよね。

仲間じゃない人間の学校を外して何の疑問があるのだろうか。

  *        *        *

もし「国籍が違っても仲間だ」と言うのなら、拉致されている日本の仲間を取り返す手伝いをしてくれよ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 証拠隠滅で墓穴を掘った? | トップページ | うーん »

コメント

高校無償化自体が「愚民製造機」聞くところでは近所の高校は「落第」がないらしい。
全員入校・全員卒業、こんなことでマトモな人間作れるわけがない。

投稿: 猪 | 2010年3月 6日 (土) 09時45分

高校無償化法案の対象から朝鮮学校を外すことに、祖国が北朝鮮である社民党の福島瑞穂は思ったとおり反対している。
朝鮮学校の教育は日本の文部科学省の指導要領に基づいておらず、北朝鮮の指導に基づいて行われており、明らかに北朝鮮の学校である。
彼女の政策は、夫婦別姓、外国人参政権など、およそ日本人なら到底考えられない政策であるのが大きな特徴である。
社民党は見かけは日本の政党であるが、内実は北朝鮮の政党である。
伝統的に昔から自発的に民主党と北朝鮮の機関紙であることを自認している新聞もある。
高校無償化は民主党の得意技である人のカネ(税金)ばら撒きによる集票策の一環。

投稿: 腐敗していた民主党 | 2010年3月 6日 (土) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47732630

この記事へのトラックバック一覧です: 隣人だけど仲間じゃない:

» はぁ?朝鮮学校に? [にたろうの退屈な日々]
まあ呆れてモノも言えんわ。どれだけ北朝鮮に振り回されているのか、わかっているのか。まだ解決していない拉致問題にミサイル発射事件に核開発。この国交を結ばぬ仮想敵国に対してなぜ援助をせねばならぬのか。常識で考えればわかるだろ。日本の政治家の平和ボケにもほどほどにしてもらいたい。ふざけるな!こんな法案が通るなら賛成した政党には死ぬまで一票も投じない。朝鮮学校無償化、肖像の有無などで判断 - personalsnet政府が今国会で審議中の高校授業料無償化法案の対象に、在日本朝鮮人総連...... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 22時16分

« 証拠隠滅で墓穴を掘った? | トップページ | うーん »