« いっしょにやれますか、従えますか? | トップページ | 傍聴 »

2010年4月 9日 (金)

白紙委任

白紙委任

産経新聞:「政策集INDEX2010」の作成取りやめ リベラル批判を懸念、政調廃止でスタッフ難も
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100409/stt1004090131004-n1.htm

 

民主党は8日、毎年公表してきた党の総合的な政策集「INDEX」の平成22年版(インデックス2010)の作成を見送る方針を固めた。従来のインデックスには、永住外国人の地方参政権の早期実現などリベラル・左派色が濃い政策が数多く盛り込まれており、民主党は昨夏の衆院選マニフェスト(政権公約)でこれらの政策を除外した経緯がある。7月の参院選を前に22年版の作成を見送ったのは、リベラル色を薄めることで自民党などの批判をかわす狙いがあるようだ。

 民主党はマニフェストだけを「国民との約束文書」としており、インデックスは公約とは位置づけていないが、党内で検討された政策であることは間違いない。

「ベラル色を薄めることで自民党などの批判をかわす狙い」と言うのは、記者の推測でしょうけど、「政策集INDEX」が民主党が何を考えているかを知るために役立つ文書であることには違いありません。

何を考えているかを隠している政党に投票することは、白紙委任をすることです。

  *        *        *

国会議員は当選したら議会が解散するまで、あるいは任期が終わるまで、その地位に留まります。気に入らない議員を国民がリコールする事は出来ません。公約を破ったとしても法的な制裁はありません。

その意味で、全ての国政選挙は白紙委任であると言えなくはありません。しかし、民主党政権ほど「何をやるのか判らない、予測できない」政権があったでしょうか。

その民主党が政策をまとめもしない、発表もしないのです。白紙委任を民主党は求めているのだと思えてきます。

  *        *        *

次の参議院選挙で、民主党に投票することは、民主党に白紙委任することではないでしょうか。

私は、とても恐くてそんなことは出来ません。


BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« いっしょにやれますか、従えますか? | トップページ | 傍聴 »

コメント

インデックスこそ政策、隠されればマニフェスト以上に恐ろしい、現に民主党はマニフェストより出したいと考えている法案はインデックスからのモノの方が多い。

投稿: 猪 | 2010年4月10日 (土) 09時08分

政策は旧社会党が牛耳ってますからね。
欺瞞だらけの政党です。

それにしても白紙委任状とは上手い例えですね。
まったくその通りです。

投稿: | 2010年4月10日 (土) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48041733

この記事へのトラックバック一覧です: 白紙委任:

« いっしょにやれますか、従えますか? | トップページ | 傍聴 »