« 結局、小沢は二流 | トップページ | そんなに金が欲しい?そんなに日本に認めてもらいたい? »

2010年4月23日 (金)

負け込んで、レートを上げる、ギャンブラー

負け込んで、レートを上げる、ギャンブラー

47NEWS:首相、普天間問題に進退懸ける 5月末決着で
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042301000340.html

 鳩山由紀夫首相は23日午前の参院本会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し「首相としてすべての政策に職を賭す覚悟で臨んでいるのは当然のことで、その中には普天間移設先の問題も当然含まれている」と述べ、自身の掲げた5月末までの決着に進退を懸ける考えを表明した

フツーに考えると普天間問題が5月末に円満決着することは有り得ません。

問題解決と言うためには、移転先に納得してもらわねばなりません、最低でも条件闘争の状況でなければなりません。しかし、あと40日、交渉すら始まっていません。どこに移転したいかすら明らかになっていません。

秘密裡に受入を検討している知事さんや市長さんがいたとしても、その一存で受け入れることは出来ません。日本は民主国家ですから、どんなに強引な手法をとるにせよ、公開の場所での討論という手続きが必要です。まず、受入を要請し、地元の人々と話し合うプロセスが必要であり、その為には時間が必要なのです。

その開始点たる受け入れ要請すら行われていないのに40日でなんとかなるなんて事は有り得ません。

どこそこにしたいなーと一方的に言うことは出来ますが、その場所は反対闘争の渦になるでしょう。その常態で「決着しました」と言い張ることは出来ますが、世間が納得しないでしょう。

  *        *        *

鳩山さんは、日々追い詰められています。しかし、強気の姿勢を崩していません。まるで勝算があるかのように。

プロ野球なんかで、贔屓のチームが負けが込んでくると「一発逆転」や「奇跡の○○」を信じたくなる、信じてしまう。鳩山さんを見ていると(そして民主党支持者を見ていると)、そんな奇跡を信じるファンたちの姿を連想してしまいます。

そして、大抵の場合、そんな奇跡は起こらないんですよね(そんな奇跡があるなら、ドイツワールドカップで日本はブラジルに勝ってた)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 結局、小沢は二流 | トップページ | そんなに金が欲しい?そんなに日本に認めてもらいたい? »

コメント

通りすがりで失礼します。

北マリアナ連邦にて、テニアンヘの誘致を議会が正式に表明しました。詳細は以下の4月22日の琉球新報および沖縄タイムスの記事を参照下さい。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-161169-storytopic-3.html
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-04-22_5933/

常識的に考えれば、これで普天間問題は一件落着のはずです。
そもそもアメリカだって全世界的な米軍再編でグアムへ機能集約したがっているから、全く問題ないです。
唯一困るのは、日米の辺野古移転の利権を当てにしていた連中だけでしょう。
世の中には「抑止力を考えると国内」とバカなことをのたまう輩がいますが、普天間の海兵隊は東南アジア、西アジア方面へ展開するための部隊で、日本の抑止力には何の影響も及ぼさないのです。抑止力を考えると、沖縄ではなく北朝鮮に近い山陰や北陸に置くべきでしょう。
これ以上沖縄に過度な負担を与えることは、琉球民族に対する人種差別の恐れがあると、国連からも勧告が出ています。
それに空軍の嘉手納基地など複数の基地がまだ沖縄に残り続けることをお忘れなく。

これまで鳩山氏が、米軍基地の国外移設の目的を達するために、のらりくらり国民を欺いて「ルーピー総理」を演じていたのなら、小泉純一郎に匹敵する「大役者」です。
でも、これだけ好条件が揃っていて、結局5月末までに我々国民に見せた姿そのままに「移設先を決めることができませんでした」では、安部晋三や麻生太郎に匹敵する「バカ総理」と評されるでしょう。

投稿: 通りすがり | 2010年4月23日 (金) 23時01分

通りすがりさん、こんにちは

> 常識的に考えれば、これで普天間問題は一件落着の
> はずです。

軍事施設はゴミ処理場や原子力発電所と違い、受け入れる場所がありさえすれば良いというものではありません。北マリアナ連邦のテニアンが誘致したとしても、それでだけではOKとはなりません。

ま「誘致決議」をしていると言うことは、逆に言うと「そうでもしないと、振り向いてもらえない」ってことです。つまり、そのままでは無理な理由が何かあるってこと。

> 世の中には「抑止力を考えると国内」とバカなことを
> のたまう輩がいますが、普天間の海兵隊は東南アジア、
> 西アジア方面へ展開するための部隊で、日本の抑止力には
> 何の影響も及ぼさないのです。

世の中は、複雑です。となりの人がリストラされた、隣の話で、自分には無関係と思っていたら、その人の次の順番だった。なんて話は良くある訳で、沖縄の海兵隊が台湾有事や東南アジアを睨んだものだったとしても「日本は無関係」とは言えません。

一国平和主義が可能なら良いんですけどね。

あと、日本の抑止力には関係が無いという意見に、タテマエで答えるなら「他国がどうなっても良いのか」って非難するべきですかね。

> これ以上沖縄に過度な負担を与えることは、琉球民族に
> 対する人種差別の恐れがあると、国連からも勧告が出て
> います。

国連は綺麗事をのたまう存在ですから。

夏休み前の終業式での「校長先生のありがた〜いお話」みたいなもんで、悪ガキ共は聞いちゃいないし、アタマの良い子は信じちゃいないのです。

> それに空軍の嘉手納基地など複数の基地がまだ沖縄に
> 残り続けることをお忘れなく。

沖縄の負担が少しでも軽くなることを、私も望んでいます。現行計画は完璧ではないけれど、負担を減らすものでした。鳩山政権の行った事によって、結局、普天間は固定化されるんですよね。残念な事ですが。

> でも、これだけ好条件が揃っていて、結局5月末までに
> 我々国民に見せた姿そのままに「移設先を決めることが
> できませんでした」では、安部晋三や麻生太郎に匹敵する
>「バカ総理」と評されるでしょう。

安部さんや麻生さんは(私が期待した程には)強くはありませんでしたが、バカではありませんでした。少なくとも、私は彼らをバカだとは思いません(名前すら出ない福田さん、可哀想)。

「これだけ好条件が揃っていて」

私には悪条件にしか見えません。もし、5月末に解決できる秘策があるなら、公開してとっととやれば良いんです。支持率下げて政権を危機にさらしてまで秘密にする理由はなんでしょうか。

  *        *        *

ファン心理なんでしょうか、あるいは、連合赤軍の末期の心理でしょうか。追い詰められると「何か、秘密兵器があるはず。指導者(指導部)がナントカしてくれる」と思っちゃう。

でも、そんな秘密兵器があるなら、とっとと使って局面を転回しているハズなんですよね。

投稿: 乱読雑記 | 2010年4月24日 (土) 07時06分

安倍さんは教育基本法・国民投票法・防衛庁昇格、麻生さんは75兆の金融出動とエコ購入の手当で今日までの日本経済の下支えをやりましたが、鳩山さんは何をやったか実績はおマイナスが大きい、仕分けにしても公開で官僚たたきが国家印象が外国に道とられているか国内パフォーマンスで日本の弱体化を世界に知らしめただけ、政・官・財が日本は1体である姿を見せることが世界の中で攻撃軍備も碌に無い日本が生きる道。
過去のコメントを総合すると乳離れしない本物のルーピーでしょう。

投稿: 猪 | 2010年4月24日 (土) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48162307

この記事へのトラックバック一覧です: 負け込んで、レートを上げる、ギャンブラー:

« 結局、小沢は二流 | トップページ | そんなに金が欲しい?そんなに日本に認めてもらいたい? »