« その自信はどこから? | トップページ | 表現規制と価値観の継続 »

2010年4月17日 (土)

増税を言えば「責任ある」のか?

増税を言えば「責任ある」のか?

毎日新聞:消費税増税:民主党側拒否 「責任ある公約」遠く
http://mainichi.jp/select/today/news/20100415k0000m010050000c.html

 菅、仙谷両氏らの発言で政府サイドでは消費税増税論議が活発化しているが、参院選を控える民主党側は徹底拒否の構えだ。選挙優先で懸案を先送りする姿勢は自公政権時代と変わらない。政権与党として初めて策定する政権公約(マニフェスト)は、「責任ある国民への約束」というあるべき姿からかけ離れたものになる可能性が高まっている。

えーっと、消費税の増税を言えば「責任ある国民への約束」で、言わなければ無責任なのでしょうか。

違うと言うか単純に過ぎると思います。

時事通信:消費増税「究極の公約違反」=共産・小池氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041400733

 共産党の小池晃政策委員長は14日の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相らが消費税引き上げに言及していることについて「究極のマニフェスト(政権公約)違反だ。財源は無駄を削れば出てくるというのが民主党の主張だったが、増税を押し付けるとは言語道断だ」と批判した。

私は共産党が嫌いですが、志位さんの発言「財源は無駄を削れば出てくるというのが民主党の主張だった」という発言に賛成します。

消費税を増税しないといけないという現実は認めます。しかし、民主党は「財源は無駄を削れば出てくる」と言っていました。

その事へのオトシマエを付けないで、増税を言うことは、増税しないで社会福祉が出来ると言うのと同じくらいに無責任だと思います。自分の言葉に責任を持たないという意味では、同じだと思いますから。

  *        *        *

消費税の増税を言えば責任ある態度で、言わなければ無責任だと言うのは単純に過ぎます。現実的な政策、過去の発言との整合性、誤っていたら誤っていた事を認める誠実さを持っていてこそ、責任ある態度だと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« その自信はどこから? | トップページ | 表現規制と価値観の継続 »

コメント

責任ある国民への約束?何とでも言えるものです。
約束の意味すら判らない人達、救いようがないようです。

投稿: 猪 | 2010年4月17日 (土) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48105772

この記事へのトラックバック一覧です: 増税を言えば「責任ある」のか?:

» 反日売国勢力を壊滅させる方法 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の八つのエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ③歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ④バス..... [続きを読む]

受信: 2010年4月18日 (日) 01時57分

« その自信はどこから? | トップページ | 表現規制と価値観の継続 »