« 軍事の世界での精神的な独立を望む | トップページ | 一難は去ったが »

2010年4月 3日 (土)

「1日、2日、数日ずれる」のは大きな話だと思います

「1日、2日、数日ずれる」のは大きな話だと思います

47NEWS:首相、数日のずれ大きな話でない 普天間移設先一本化で
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010033001000289.html

 鳩山由紀夫首相は30日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先政府案を3月中に一本化すると自ら表明した方針に関し「1日、2日、数日ずれることは何も大きな話ではない。大事なことは5月にしっかりとした案を理解してもらうことだ」と述べ、事実上断念する意向を重ねて示した上で、5月末までの決着を目指す考えを強調した。

今日は4月3日です。はい、鳩山首相は「1日、2日、数日ずれることは〜」とおっしゃいましたが、既に2日たっています。政府案がまとまる気配はありません。あと数日でまとまるのでしょうか。とてもそうは思えませんが。

それと「何も大きな話ではない」は、どうなんでしょうか。仕事の性質もありますから何とも言えないかも知れませんが、「納期の決まった仕事(何かを期日までに作る仕事)」だと思って考えてみます。

5月末まであと2ヵ月弱、つまりあと約60日です。「数日」という日数はその10%程度です。

スケジュールが10%縮んだら結構キツイと思うんですが。それも、何にもしなくて遅れた(それも問題ですが)んじゃなくて、頑張ってるけど遅れた(努力の方向性はともかくとして「努力はしている」)んです。

頑張って働いていて、それでもスケジュールが10%遅れているプロジェクト、さて、期日に間に合うでしょうか。

プロジェクトの責任者は危機感を持つべきです。もし、本気で納期に間に合わそうと思っているなら、ですが。

  *        *        *

プロジェクトの成否は、メンバーの努力や関係者の協力にも依存するが、それ以上に、基本方針や目標に依存する。

つまり、的外れな目的や不可能な目標を掲げたプロジェクトが成功することはないのだ(失敗を誤魔化すことはあるだろうが)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 軍事の世界での精神的な独立を望む | トップページ | 一難は去ったが »

コメント

頭脳構造がずれていますから諦めですね。
復案の中身を沖縄県知事も外務大臣・官房長官も知らないで県外発言だけで沖縄県人を弄んでいるのに、本人は気がつかない。最近自立・自立と首相の口から出る事が有るのですが本人「自立」しているつもりですから困ったものです。

投稿: 猪 | 2010年4月 3日 (土) 09時29分

【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、議員さんへ「賃借人保護法案」についての反対意見書文例を公開し、送信を呼びかけています。
この問題はあまり知られていませんが、
泥棒(家賃滞納者)を保護し、泥棒された側(家主)を取り締まる法案です。

この件の詳細、また送信先、文例については
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-161.html

お邪魔しました。

投稿: koko | 2010年4月 3日 (土) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/47981419

この記事へのトラックバック一覧です: 「1日、2日、数日ずれる」のは大きな話だと思います:

« 軍事の世界での精神的な独立を望む | トップページ | 一難は去ったが »