« 憲法九条がなくても平和だった時代 | トップページ | 鳩山さん、当事者意識を持って下さい »

2010年5月20日 (木)

偶然・因縁・必然

偶然・因縁・必然

毎日新聞 火論:それは冷淡か鈍感か=玉木研二
http://mainichi.jp/select/opinion/ka-ron/news/20100511ddm003070008000c.html

 ペリーの艦隊は前年、江戸湾に現れて幕府に開港を迫ったが、その前に沖縄に寄港していた。しぶる琉球王府に便宜供与を求め、海兵隊を率いて大砲で威嚇しながら首里城に強引に入った。彼は幕府が開港しないなら沖縄を拠点として占領する考えだった。今と何かしら因縁めく

この「ペリーの艦隊」は、江戸末期に開国をせまったペリーの艦隊のことです。

  *        *        *

「今と何かしら因縁めく」

沖縄って、外国勢力が日本に侵攻しようと思った時に、入口にあたる場所にある。故に、ペリーの艦隊は「幕府が開港しないなら沖縄を拠点として占領占領する考えだった」のだ。

単なる「因縁」とか偶然ではない。

軍事上の必然があるのだ。

引用した記事に限らないが、日本のマスコミは軍事上の要請を無視しすぎるのではないか。

相手にとって必然である理由を知ることなく、因縁とか、偶然であるかのように思って交渉しても、相手を説得することも、自分の望みを実現することも出来ないだろう。

日本のマスコミや国民は軍事を学んで、交渉力を身に着けるべきだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 憲法九条がなくても平和だった時代 | トップページ | 鳩山さん、当事者意識を持って下さい »

コメント

現在の政治家の頭には「軍事」など存在していませんね、選挙と自分の生活、国が無くなれば生活なんて・・この意識が欠落して居ますから・・何時覚醒するのでしょう。

投稿: 猪 | 2010年5月20日 (木) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48406037

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然・因縁・必然:

» 寝言の 「民族性」 5 [ガラス瓶に手紙を入れて]
 前回まで書き出しに海軍のユーモアの伝統の一部を紹介しましたが、今回は内容が米国、英国人の民族性ですので関連する面もありますので、海軍先輩の内外に誇るべき「礼節」と「洗練された歴史観」の二例を紹介します。... [続きを読む]

受信: 2010年5月20日 (木) 10時30分

» 宮崎の口蹄疫はテロ [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の10のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ③歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ④戦争と..... [続きを読む]

受信: 2010年5月20日 (木) 19時40分

« 憲法九条がなくても平和だった時代 | トップページ | 鳩山さん、当事者意識を持って下さい »