« 外国人嫌悪を引き起こすもの | トップページ | 裁判所が注目されないのは何故? »

2010年5月10日 (月)

遅すぎる、無理がある、中途半端

遅すぎる、無理がある、中途半端

産経新聞:政府が5月末決着を先送り 断念普天間めぐり関係閣僚協議 混乱拡大へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100510/plc1005102220010-n1.htm

 協議ではシュワブ浅瀬案と徳之島への訓練移転に加え、(1)普天間飛行場や米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)の飛行訓練を全国の自衛隊基地で実施(2)鳥島・久米島の射爆撃場の返還や、沖縄本島東側の米軍訓練水域の一部返還(3)日米地位協定の見直し−といった沖縄の負担軽減策をパッケージとして示し、地元の理解を得る方針を確認した。

結局、政府案は自民政政権時代に日米で合意した案に多少の変更を加えたものになりそうです。でも、ダメでしょ、この案じゃ、誰も納得しない。半年前に言っていればまだしも、今頃言って受け入れてもらえない。

  *        *        *

沖縄の負担を日本全体で分散させようというのは正しい。でも、移転先にとっては、鳩山さんが火を付けた問題の尻拭いを押し付けられているようにしか思えないでしょう。総選挙の時から「日本全体で負担を」と言っていたらまだしもだったんだけどね。

あと「訓練」なら日本じゃなくても出来るハズなので、常駐場所は台湾などからの距離的な(時間的な)制約があるので、沖縄から出られないだろうけど、訓練なら海外でもOKなんじゃないかな。それこそグアムやテニアンでも(グアムで訓練するのが北海道で訓練するより大変だとは思えないのだけれど)。いっそのこと訓練の海外移転を求めると言っちゃった方が良くないか。

また、アメリカとの信頼関係を失った鳩山政権が「日米地位協定の見直し」なんて出来るんだろうか。

  *        *        *

最初に調子の良い事言い過ぎたね、鳩山さん。

いまさら遅いよ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 外国人嫌悪を引き起こすもの | トップページ | 裁判所が注目されないのは何故? »

コメント

マスコミも自民党案がどう言うモノか報道しません、モノは比べて見ることが必要。
自民党案は今出してきている案以上のものでした、普天間を辺野古・グアムにそして訓練地は岩国(飛行場の拡張も終わってる)岩国からも鹿屋・厚木へ、厚木の艦載機は岩国へと普天間は跡地の問題だけに成って居たのを引っくり返したのですから大罪ですよ。
多分自民党案は読まずして反対の事をやったのです、自立も考えていない幼児が地位協定など偉そうなことを言える資格など有りません。

投稿: 猪 | 2010年5月11日 (火) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48327771

この記事へのトラックバック一覧です: 遅すぎる、無理がある、中途半端:

« 外国人嫌悪を引き起こすもの | トップページ | 裁判所が注目されないのは何故? »