« 国家が、その統合の象徴を失うとき | トップページ | 具体策が苦手 »

2010年5月17日 (月)

覚悟を決めた、とは思わないけど

覚悟を決めた、とは思わないけど

時事通信:首相、22日に北海道訪問=就任後初
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010051700687

 懸案の米軍普天間飛行場移設問題(沖縄県宜野湾市)で首相は、月内の政府方針決定を目指して23日の沖縄再訪問を検討。口蹄(こうてい)疫の被害状況視察のため、宮崎県を訪れる日程も調整している。政務で多忙な合間を縫っての短時間の「お国入り」となる。

自民党政権の時代の習慣から言うと、現職の首相が、自分の選挙区を訪問する、いわゆる「お国入り」は、重大な局面の前触れであることが多い。

内閣総辞職の直前とか、負けるのか確実な選挙の直前とか。

つまり「首相のお国入り」は首相が覚悟を決めた事を意味する(こともある)。

  *        *        *

だから、このニュースを聞いて「5月末に普天間が決着できない事の責任をとって辞任するのか?」と驚いてしまったのです。

多分、勘違いでしょうけど。

  *        *        *

鳩山さんが覚悟を決めたっていうとカッコ良すぎと言うか、あの人には出来なさそうはあるんですが、普通の認識能力があれば参議院選挙で大敗して退陣確実であることは判ります。

だからこの時期の国入りなのでしょう。総理大臣として一度は選挙区で花を飾ってみたいでしょうからね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 国家が、その統合の象徴を失うとき | トップページ | 具体策が苦手 »

コメント

覚悟が無いから今日まで引きずっているのですが、お国入り?冷戦時代の感覚で沖縄基地を北海道に回すのでしょうか・・・何考えているのかが判れば苦労しないのですが・・・

投稿: 猪 | 2010年5月18日 (火) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48387756

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟を決めた、とは思わないけど:

« 国家が、その統合の象徴を失うとき | トップページ | 具体策が苦手 »