« 具体策が苦手 | トップページ | 嘘には報いを »

2010年5月18日 (火)

警察より民間のが不安なのですが

警察より民間のが不安なのですが

東京新聞:カメラ監視社会 人権守る歯止めつくれ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2010051802000065.html

 映像がきっかけで解決した事件は少なくないが、犯罪が起きていないのに個人が簡単に識別できる情報を警察が一手に握るとなれば、プライバシー権や表現の自由といった人権は大丈夫かと不安がる人も出てこよう。情報が瞬時に世の中を駆け巡るネット社会でもある。外部に流出すれば大変だ。

「情報を警察が一手に握るとなれば」

あの、情報管理という意味では警察も不祥事を起こしていますが、民間だって起こしています。それに警察には(十分かどうかは知りませんが)議員の監視の目が入ります。

それに対して民間の監視カメラは野放し状態じゃないでしょうか。

  *        *        *

東京新聞を始め、マスコさんは警察や公安を目の仇ににします。だけど、本当に恐いのは、事故が起こる確率の高いのは、民間で適当に設置されたカメラだと思うのです。

映像が流出したとき、それが警察由来だから、民間由来だから、と言って、受ける被害は変わらりません。

ですから、警察だけに枠をはめるような議論はおかしいと思うのです。

  *        *        *

 民主党の政策集には、捜査権の乱用やプライバシー権の侵害などを招かないようカメラの法規制を検討するとある。実行に移せ。

治安とプライバシー、どちらも大事です。しかし、私は庶民ですから、プライバシーを重視しすぎる事を警戒します。治安とプライバシーは対立するからです。つまり、極端にプライバシーを重視した社会では、個人の安全を社会(≒治安)に頼ることが出来なくなるのです。

私はボディーガードなんて雇えませんから、私の安全の為には、治安の良い社会が必要なのです。

私は私の安全を社会に頼っている以上、不安を感じつつ、監視カメラを許容します。そして、監視カメラの映像が悪用されたり流用されたりする危険は、警察よりも民間の(マンションや店舗の)によって設置されたカメラの方が大大きいと思うのです。

にも関わらず、この東京新聞の社説は警察の横暴に対して警鐘をならして満足しているように見えてしまいます。

それで良いのでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2010/05/19 05:57 修正:
 修正前:私は私の安全を社会に頼る為に、監視カメラを許容します。
 修正後:私は私の安全を社会に頼っている以上、不安を感じつつ、監視カメラを許容します。

|

« 具体策が苦手 | トップページ | 嘘には報いを »

コメント

悪い事をしなければ何の心配も無い、犯罪を犯そうとするから良い事にまで文句を言うのです。
反対する奴は犯罪予備軍でしょう。

投稿: 猪 | 2010年5月19日 (水) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48396480

この記事へのトラックバック一覧です: 警察より民間のが不安なのですが:

» 一阿のことば 84 「皇統の危機」 4 [ガラス瓶に手紙を入れて]
日本は素晴らしい国です。日本の歴史を紐解いてみますと、どんなに権力を持った人も皇室だけは無視する事が出来なかったことがわかります。  [続きを読む]

受信: 2010年5月19日 (水) 06時54分

« 具体策が苦手 | トップページ | 嘘には報いを »