« なんと言いましょうか | トップページ | 溜息 »

2010年5月24日 (月)

騙されんなよ

騙されんなよ

朝日新聞:黄砂対策で連携強化、日中環境相合意 中国へ資金協力も
http://www.asahi.com/politics/update/0522/TKY201005220233.html

 小沢鋭仁環境相と中国の周生賢・環境保護部長は22日、北海道千歳市で会談し、春先に中国大陸から飛来する黄砂対策で連携を強めることを確認した。環境省によると、中国の環境相に当たる周部長は、日本、中国、韓国の3カ国で黄砂の発生を抑制する対策を話し合う作業部会を、年内に中国で開くと表明。小沢環境相は、中国の黄砂対策への資金協力に前向きな姿勢を示した。

朝日新聞:光化学スモッグ予測、ほぼ全国で 発生広域化に対応
http://www.asahi.com/science/update/0428/TKY201004280228.html

 光化学スモッグは国内で1970年代に猛威をふるったが、昨年初めて山形と鹿児島で注意報が発令されるなど、広域化する傾向にある。中国などからの越境汚染の影響が指摘されている。

日本の光化学スモッグの発生源は中国となりつつあります。専門家ではない私には、関与の割合がどの程度かは判断できませんが、工場などの排出源が無い地域や今までにない広い地域での発生(広い地域で同時に起きることは「発生源が遠方にある」ことを意味します)を考えると、日本が中国からの越境汚染で健康被害を受けていることは確実です。

ですから、日本政府には日本国民の為に、中国の発生源に対してコストをかける理由が存在します(もちろん、損害賠償を求める理由も存在します)。

だから、黄砂は光化学スモックの原因ではありませんが、環境問題の協力の一部として、「中国の黄砂対策への資金協力に前向きな姿勢」であることに、明らさまな反対はしません。しかし、日本の資金がきちんと対策に使われるのでしょうか。

中国のことを考えると疑問です。

ただの無駄金になってしまわないでしょうか。

  *        *        *

公害を出されて、子供が喘息になって、お金を払って、ただそれだけなんて事はまっぴらです。今回の資金協力の話も「黄砂対策」です。日本に対する被害もありますが、それ以上に「砂漠化対策」として中国にとって利のある話のようにも思えます。

鳩山さんには騙されないようにお願いします...無理なお願いかもしれませんが。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« なんと言いましょうか | トップページ | 溜息 »

コメント

騙された事が判らない世代が政治を担当して居る、抑止力も判らない人が首相をしている、選挙しか興味にない男が進駐軍憲法下で大人になり法律を操る、加えて亡国の子供手当・参政権・高校無償化を含めて国民を騙している図、少しは外交でずるいところでも見せて欲しい。

投稿: 猪 | 2010年5月24日 (月) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48441015

この記事へのトラックバック一覧です: 騙されんなよ:

« なんと言いましょうか | トップページ | 溜息 »