« 上の世代を見ているのかな? | トップページ | 鳩山さんが辞めるなら、解散総選挙しなきゃならないからね〜 »

2010年6月 1日 (火)

憲法九条を世界に

憲法九条を世界に

朝日新聞:イスラエル軍とガザ支援船が衝突 支援船の10人死亡
http://www.asahi.com/international/update/0531/TKY201005310376.html

 イスラエル軍は31日、地中海上で、パレスチナ支持の人権活動家らが乗った船団を拿捕(だほ)する作戦を実施、同軍によると船団の10人以上が死亡した。

 船団側は、パレスチナ自治区ガザへ支援物資を届けるため人道目的で航行していたと主張している。だが、軍報道官は「刃物を持った船団側のメンバーが兵士を襲い、奪った銃2丁で発砲した」と説明し、正当防衛として武力を行使したと説明している。

この事件についてのCNNが流した映像について、朝日新聞が報じています。以下に引用します。

船団「丸腰活動家に銃撃」
イスラエル「相手が挑発」
朝日新聞 2010年6月1日 7面 13版

兵士は機関銃などで武装している。活動家らは棒きれで兵士に殴りかかった。兵士は手で防御していた。

この船団の正統性や拿捕が正しい事かどうか、私には判断しかねます。しかし「活動家らは棒きれで兵士に殴りかかった」と言うことは、彼ら活動家は憲法九条の精神に従っていないことは確実です。

  *        *        *

九条の会などの憲法九条を信奉されている方々は、彼ら活動家に、憲法九条の精神を伝えたらいかがでしょうか。もし、単純な暴力否定や武器の放棄が問題解決になるなら、活動家の方々が「棒きれで兵士に殴りかかった」なんて事をしなければ良いのですから。

  *        *        *

しかし、機関銃などで武装している兵士に、棒きれで殴りかかるなんて、普通の人間には出来ない事です。彼らの勇気を褒めるべきか、無謀を非難するべきでしょうか。

それとも狂気を恐れるべきでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 上の世代を見ているのかな? | トップページ | 鳩山さんが辞めるなら、解散総選挙しなきゃならないからね〜 »

コメント

支援船?ナイフを持った丸腰も可笑しいですね。記者もこんな記事を掻いて恥ずかしいでしょう。

投稿: 猪 | 2010年6月 1日 (火) 10時02分

【日中首脳会談】成果の裏には大幅譲歩 
 「白樺」出資は3分の1以下の見通し (1/2ページ)
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100601/plc1006010113005-n1.htm
 31日に行われた鳩山由紀夫首相と温家宝中国首相の首脳会談は友好ムード演出に腐心し、
東シナ海のガス田共同開発問題で中国が条約交渉入りに同意するなど成果が並んだ。
だが、中国が早期開発を目指す「白樺(しらかば)」ガス田(中国名・春暁)などで日本側が事前交渉で大幅な譲歩案を示し、これに中国側が飛びついたにすぎない。
両政府は局長級協議を近く開始する方針だが、日本の出資比率は最大で3分の1以下に抑えられる可能性が高い。

http://toriton.blog2.fc2.com/

お邪魔しました。

投稿: koko | 2010年6月 1日 (火) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48512262

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法九条を世界に:

» 一阿のことば 89 「皇統の危機」 9 [ガラス瓶に手紙を入れて]
我々はお盆のとき「迎え火」を焚きます。仏壇で行うので仏教の行事と思っている方が多いのですが、これは「神事」なのです。柳田国男も日本人の文化を論じる中で、日本人の死は死であって死ではない。... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 08時55分

« 上の世代を見ているのかな? | トップページ | 鳩山さんが辞めるなら、解散総選挙しなきゃならないからね〜 »