« クリーンじゃなくて良いいから | トップページ | 何かが間違っている »

2010年6月 3日 (木)

菅氏会見の雑感

菅氏会見の雑感

時事通信:菅氏会見要旨=民主代表選
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010060301015

 菅直人副総理兼財務相が3日に行った記者会見の要旨は次の通り。

 良きライバルでもあり盟友でもある鳩山由紀夫首相に、自らの身を捨てて新しい民主党の道筋・扉を開いていただいたので、その先に、これぞ本来の民主党と言える民主党をつくらなければならないと考えた。米軍普天間飛行場移設問題と「政治とカネ」、二つの大きな重荷を、首相が辞めることで取り除いていただいた。国民が民主党政権に期待する改革をいよいよ本格的に推し進める時が来た。

「米軍普天間飛行場移設問題と『政治とカネ』、二つの大きな重荷を、首相が辞めることで取り除いていただいた」

えーっと。全然、解決してませんが?

普天間飛行場の移設問題は、アメリカ政府・地元沖縄の感情・日本政府の三者が、それなりに納得しないと解決した事にはなりませんが。

先日公表された日米の合意は、日本とアメリカの政府は良いとしても沖縄の感情・気持ちが納得しているようには思えません。

新総理には沖縄に納得してもらうという仕事があります。「取り除いていただいた」と言えるほどには終わってはいません。ただ、こういった発言をするということは、日米合意を尊重するという事で、歓迎ではあります。また、社民党の選挙協力の大義名分を無くしたという意味に於いても歓迎します。

  *        *        *

 −衆院を解散する考えはあるか。「首相が代われば信を問うべきだ」という野党時代の主張との整合性は。

 去年、鳩山代表を先頭に支持を得た一方で、一度は民主党にやらせてみたいという思いで政権選択をしていただいた。民主党政権はまだスタートを切ったばかりだ。少なくとももう一度予算を組むとか、いくつかの政策を遂行するまでは(首相を)やっても、理解をしてもらえるのではないか。新たな首相が選ばれたときに、その下で戦われる参院選も、政権に対する一つの審判だ。

「少なくとももう一度予算を組むとか、いくつかの政策を遂行するまでは(首相を)やっても、理解をしてもらえるのではないか」

衆参ダブル選挙はしないという事ですね。

「新たな首相が選ばれたときに、その下で戦われる参院選も、政権に対する一つの審判だ」

間違っちゃいませんけど。つまり、これは、総選挙がしたければ民主党を敗北させよ、と言うことですね。

私は総選挙を望みます。民主党に投票できない理由が一つ増えました。

  *        *        *

おそらく、菅直人さんが次期民主党代表、即ち、次期首相となるでしょう。

彼の立ち位置って、福田元首相に似てますね。前任者の支持率低下による突然の辞任によって、棚から牡丹餅(「落ちてた財布を拾った」と表現したのは誰でしたっけ)で首相になった所とか、無難だから選ばれる所とか、何がしたいのか良く判らない所とか。


BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« クリーンじゃなくて良いいから | トップページ | 何かが間違っている »

コメント

自らサラリーマンの息子?何を考えているのか判らない人、国民は今更サラリーマンの息子だろうが金持ちの息子だろうが日本を考え、国益の為に働く政治家を求めている。何を阿呆な事を言ってるのか、こんなのしか民主党には居ないのかな・・・

投稿: 猪 | 2010年6月 4日 (金) 09時11分

こんにちは。

コメントをするのははじめてですが、たびたびお邪魔をしているものです。

ところで、こちらはご覧になりましたか?
http://www.youtube.com/watch?v=gY0SBqibH8s

菅さんも鳩山さんと同じような考えでいるのかどうか、知りたいところですね。

投稿: キャッチャー | 2010年6月 4日 (金) 15時20分

キャッチャーさん こんにちは

私も知りたいです。

政策がどうのこうのよりも、国家観や国を護る気概があるかどうかの方がよっぽど大事だと思います。

投稿: 乱読雑記 | 2010年6月 5日 (土) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48536163

この記事へのトラックバック一覧です: 菅氏会見の雑感:

« クリーンじゃなくて良いいから | トップページ | 何かが間違っている »