« 無知・意識 | トップページ | パソコン壊れた »

2010年6月24日 (木)

バカじゃなかろか

バカじゃなかろか

毎日新聞:参院選:増税せずに小さな政府で みんな・渡辺代表
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100624k0000e010078000c.html

消費税を上げる前にやるべきことがある。国会議員や官僚は自ら身を削らないといけない。国家公務員のボーナスカットや、国会議員の定数を4割削減し、徹底したリストラを断行する。自民党も民主党も増税路線。不幸な状況だ。みんなの党は増税せずにGDP(国内総生産)を1.5倍にする成長戦略を提案する。

私は小さな政府に賛成ではない。あるいていど大きな政府が良いと思っている(特に教育や子育てでは大きな政府を目指すべきだ)。

そのせいかもしれないが、国会議員の定数削減と聞くとバカじゃなかろかと思ってしまう。

  *        *        *

国家には政府が必要で、立法を行う部門も絶対に必要だ。で、現在の国会が十分に機能しているかと言えば、機能しているようには思えない。

企業やプロジェクトに例えてみよう。企画部門や設計開発部門が能力を発揮できず(あるいは低能で)、会社全体が沈滞しているとしよう。その時、経営者ならどうする?

我が社の企画部門は弱体だから廃止して、新製品を作らないことにする?

それとも梃入れする?

部門長や担当者の入替えは必要だろうけど、企画や開発を止めては会社に未来はない。

  *        *        *

「国会議員の定数を4割削減し、徹底したリストラを断行」したとしていったいいくら節約できるのだろうか。消費税何パーセント分の節約だろうか?

国会議員一人にいくら税金が使われているか正確には知らないが、5千万円ぐらいだとすると、4割削減したところで(衆議院480名+参議院242名)288名分、つまり、約150億円の節約に過ぎない。

  *        *        *

あなたは、国会議員が贅沢をしているから、日本は行き詰まっているとお考えだろうか?

それとも、国会議員がちゃんと働かないから(あるは無能だから)、日本は行き詰まっているとお考えだろうか?

  *        *        *

国会議員のリストラに反対はしない、しかし、リストラしたところで効果は知れている。そんなつまらない節約をする前に、「国会議員にちゃんと働いてもうらう方法」や「有能な国会議員を選ぶ選挙制度」のことを考える方が何倍も大事なんじゃないだろうか。

国会議員定数の削減は、その提案が出来ない政治家がタテマエとしてカッコいいこと(自分を犠牲にします的なこと)を言っているに過ぎない。

国会議員の定数削減は問題を解決しない。そんな方法で日本が良くなる事は有り得ない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 無知・意識 | トップページ | パソコン壊れた »

コメント

国会議員を全部なくしても、金額で見れば微々たるもの官僚打破は良いがそれだけの「頭脳」をお持ちなのか?地方公務員も官僚であり、国会議員がおかしな法案を作るから地方の行政が肥大する、根元を切ったら終わり、沢山の枝を作りだすような事をしないで、国家として教育の強化で素晴しい人間造りが先だろう。

投稿: 猪 | 2010年6月25日 (金) 09時45分

党議拘束に支配されてボタンを押すだけの現状、金メダルを狙いながら二足のわらじを目指す現状、娘にゴルフで芽を出させメディア露出が多ければ当選する現状、こんなのばかりだと、別に半分いなくてもいいようにも思いますけど。

投稿: 愛読者 | 2010年6月28日 (月) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48713020

この記事へのトラックバック一覧です: バカじゃなかろか:

« 無知・意識 | トップページ | パソコン壊れた »