« 何かが間違っている | トップページ | 不安定な政権になるかな »

2010年6月 4日 (金)

言論の自由の為に他人を傷つけて良いか?

言論の自由の為に他人を傷つけて良いか?

朝日新聞:映画「ザ・コーヴ」上映中止 都内の映画館、抗議予告で
http://www.asahi.com/national/update/0604/TKY201006030514.html

 和歌山県太地町のイルカ漁を告発したドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」をめぐり、26日からの封切りを決めていた東京都内の映画館2館のうち1館が、上映中止を決めたことが分かった。映画を「反日的」と糾弾する保守系団体が4日以降、上映館に抗議活動をすることを告知しており、「近隣への迷惑」を考えて自粛したという。

 

映画は隠し撮りの手法などが賛否の議論を呼んでおり、今後の動き次第では上映自粛が広がる可能性もある。

NHK:イルカ漁映画一部で上映中止
http://www.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2044908141.html

配給会社「アンプラグド」の加藤武史社長は「映画は賛否両論が予想される内容だと思うが、映画を見ないと議論もできない。全国の劇場には勇気をもって上映してほしい」と話しています。

「映画を見ないと議論もできない」

それはそうなんだけど、この映画は「隠し撮りの手法などが賛否の議論を呼んでおり」とあるように、映っている人の承諾を得ていないんだよね。

だれかの行為を問題視するのは勝手だけど、合法的な行為(日本では許されている行為)を勝手に映画にされて、全世界にバラまかれて、非難されるってのは映された個人にとって、酷いことだろうと思うのよ。

それを「見ないと議論もできない」という言葉で括るのは賛成できない。

  *        *        *

私は捕鯨賛成派ですが、言論の自由をより重視するものです。この映画は反捕鯨を主張している、その事自体の賛否はおいときます。しかし「個人のプライバシを犯してまで行うべき事だろうか」と思わざる得ません。

主義主張を行いたいなら、その方法も正しいものでなければなりません。目的が正しければ、他人を傷つけも良いと言うのであれば、原理主義的なテロリストと変わりがありません。

  *        *        *

私は言論の自由を重視するものです。でも、作成の過程で他人を傷つけなければ作ることの出来ない著作物の作成や公開には慎重であるべきです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2010/06/05 07:57 訂正
 訂正前:その事自体の賛否はおいとます
 訂正後:その事自体の賛否はおいときます

|

« 何かが間違っている | トップページ | 不安定な政権になるかな »

コメント

犯罪ですね。

投稿: 猪 | 2010年6月 5日 (土) 09時49分

賛成です。
最低限のルールは守るべきです。
立場を逆にして考えてみれば

投稿: 日本酒 | 2010年6月 5日 (土) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48542806

この記事へのトラックバック一覧です: 言論の自由の為に他人を傷つけて良いか?:

» 一阿のことば 93 「美しい日本」 4 ~駆逐艦「雪風」~ [ガラス瓶に手紙を入れて]
羽黒、鳥海、摩耶、愛宕、。熊野、足柄、那智、高雄。五十鈴、最上、利根、筑摩。 ・・・これは、大日本帝国の帝国海軍、連合艦隊に所属した一等巡洋艦の名前です。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 08時22分

« 何かが間違っている | トップページ | 不安定な政権になるかな »