« 子ども手当ては貯金されるだろう | トップページ | クリーンじゃなくて良いいから »

2010年6月 2日 (水)

自由でありつつ分裂しないことが民主党に出来るか

自由でありつつ分裂しないことが民主党に出来るか

毎日新聞:鳩山首相辞任:支持率底打つ 政治評論家・屋山太郎さんの話
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100602dde041010060000c.html

小沢幹事長の辞任で、党内を支配していた小沢独裁の雰囲気が和らぎ、自由闊達(かったつ)な議論ができる政党になるだろう。党の支持率下落も底を打つのではないか。

私は、先日の記事(鳩山降ろしは不発に終わるだろう)にも書いたように、鳩山さんの辞任を予想していませんでした。民主党政権は、鳩山さんで参議院選挙を戦うと思っていました。私の予想は外れてしまいました。ゴメンナサイ。

  *        *        *

ところで、民主国家成立の必要条件のひとつは「自由でありつつ分裂しないこと」です。

ある国家が、権力や暴力で民衆の自由を抑圧して、国民を、ひとつにまとめて置くことは理解が容易です。そんな国家であれば、十分な暴力や権力さえあれば、大抵の人間が統治することが出来ます。

しかし、それは民主国家ではなく独裁国家です。

民主国家には自由が必要です。国民に自由を保証しなければ民主国家ではありません。そして、人間は、理念、主義主張、宗教、習慣風習などの違いで分裂しがちな生き物です。我儘に、自分の考えること感じることを優先して、相互に争い、分裂してしまう生き物です。

自由でありながら分裂しない、それが出来なければ民主国家は維持できません。

  *        *        *

「小沢独裁の雰囲気が和らぎ、自由闊達(かったつ)な議論ができる政党になるだろう」

自由になったとたん、分裂してしまう。よくあるパターンですが、民主党は小沢さんの軛から逃れることが出来たとして、分裂しないでいられるでしょうか。

そもそも、小沢支配が「見えにくくなっただけ」かも知れませんが。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 子ども手当ては貯金されるだろう | トップページ | クリーンじゃなくて良いいから »

コメント

自由に話しあえても中身資質が問題、井戸端会議を何百回こなしても仕方が無い。
自由に話しあうだけで良く成るなら誰も苦労はしない、屋山さんも耄碌したのかな・・・・

投稿: 猪 | 2010年6月 3日 (木) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48528191

この記事へのトラックバック一覧です: 自由でありつつ分裂しないことが民主党に出来るか:

« 子ども手当ては貯金されるだろう | トップページ | クリーンじゃなくて良いいから »