« 私にはサヨク政権に見えるんですが | トップページ | 表現の自由に含まれるか? »

2010年6月13日 (日)

はやぶさ、オカエリナサイ

はやぶさ、オカエリナサイ

朝日新聞:小惑星探査機「はやぶさ」、地球帰還へカプセル分離成功
http://www.asahi.com/science/update/0613/TKY201006130193.html

小惑星探査機「はやぶさ」は13日午後8時21分(日本時間午後7時51分)、小惑星「イトカワ」の砂が入っている可能性のあるカプセルを地球から約7万キロの位置で切り離した。本体とカプセルは日本時間午後10時50分ごろに大気圏に再突入、7年ぶりに地球に帰還する。月以外の天体に着陸した探査機の帰還は、世界で初めて。



 はやぶさの主な目的は、イオンエンジンと呼ばれる省エネ型の新エンジンや、地球からの指示なしで動く自動制御技術の検証。これらは達成でき小さな探査機でも木星などの遠い天体を目指せる基本的な技術を確立できた。



 着陸時に回収装置が正常に機能せず、砂が入っていても微量だと考えられている。ただ、粉薬1粒ほどでも成分は分析できるという。宇宙航空研究開発機構は、カプセルを発見次第、日本へ空輸して詳しく分析する。イトカワは、46億年前に地球などと一緒に誕生した姿を保っており、太陽系の成り立ちの解明につながると期待されている。

いや、自分としては、もう、帰ってきただけで、泣きそうだから。

 *        *        *

朝日新聞は嫌いだけれども、以下の事を書いてくれた事には感謝する。

「はやぶさの主な目的は、イオンエンジンと呼ばれる省エネ型の新エンジンや、地球からの指示なしで動く自動制御技術の検証。これらは達成」

テレビとかのニュースだとカプセルに小惑星イトカワのサンプルだけが目的みたいな印象だから。一般向けには「世界で始めて小惑星のサンプルを持ち帰った(かも)」と言うのが受けるのは理解するけど。

 *        *        *

カプセル分離に成功したので、あとはカプセルが大気圏突入に耐えるかどうかが最大の難関ですが、はやぶさを打ち上げた時に行いたかった(テストしたかった)ことの大半は成功裡に行えています。

たとえ、カプセルが大気圏突入で燃えつきてしまったとしても、はやぶさは成功プロジェクトです。

たとえ、カプセルが空であったとしてもはやぶさはちゃんと仕事をしました。

でも、願わくば、カプセルにイトカワの砂が入って言いますように。

 *        *        *

そして、本当の願いは、日本が宇宙開発を継続しますように。

目先の商売や利益に拘りすぎて、志や長期的な利益を失いませんように。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 私にはサヨク政権に見えるんですが | トップページ | 表現の自由に含まれるか? »

コメント

苦労して成功させたプロジェクトです。是非今回の成功がビジネスとして確立され、日本再生のための手がかりにしてほしいです。基礎研究は大切です。基礎研究費用ねん出のためにも、成果を商品化し世界に売り出していく必要があります。研究所になり済ましが出入りし成果が盗まれませんように、細心の注意をしてほしいです。馬鹿な国会議員や優しい研究者がシナや韓国に無料で技術を提供しないようにしていただきたい。

投稿: 日本人 | 2010年6月13日 (日) 23時33分

一人の人の「言葉」からこの偉業が国民に伝わり、日本人の心を躍らせる。
学校現場で過去の本当の日本の姿の真実を伝えれば日本人の潜在力を引き出せる。
引きこもり内向的な人間を作りだしたのは、日教組を容認してきた政治、それを煽ったマスコミは反省すべき。

投稿: 猪 | 2010年6月14日 (月) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48621889

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ、オカエリナサイ:

» 転載記事&要望書文例:緊急拡散 《中山成彬先生に日本を建て直して貰おう!》〔『水間条項』より転載〕&文例「中山成彬先生を自民党参議院選挙比例区に公認頂く要望書」*文例は利用、改変可* [【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
☆★☆皆さまへお知らせ☆★☆ ひとつ下の記事において、 「“日本にあるすべての企業は反民主党”を目指す、『企業向け日本解体法案周知』... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 07時16分

» 一阿のことば 99 「美しい日本」 10 ~救国戦線 出航用意錨上げ~ ④ [ガラス瓶に手紙を入れて]
 「救国」全国国民総決起集会リポートの合間に、独り言を入れます。  六月十三日の産経新聞、産経抄をお読みになった方も多いと思いますが、小林秀雄が何故 大作「本居宣長」を著したか、を端的に分かりやすく表現しておられます。「ガラス瓶」も三月中旬ころ何度も書きました。「てふてふということ」・・その中で昭和の初期の小学校六年の国語教科書の文章をのせました。... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 07時16分

« 私にはサヨク政権に見えるんですが | トップページ | 表現の自由に含まれるか? »