« がっかり感 | トップページ | 私の要求を飲め、話はそれからだ »

2010年7月28日 (水)

年中行事は守ろう

年中行事は守ろう

朝日新聞:防衛白書発表延期 韓国併合100年控え「竹島」回避か
http://www.asahi.com/politics/update/0727/TKY201007270575.html

 防衛省の当初予定では、30日の閣議で報告した上で、発表する手はずになっていた。政府関係者によると、仙谷由人官房長官が先送りを判断した。竹島問題での韓国への配慮が理由で、8月末以降に発表を遅らせる可能性があるという。

余計な配慮は混乱をもたらす。日韓の間に波風が立たない事を望むなら、去年と同じにしといた方が良いのではないか。

  *        *        *

私は竹島が帰ってくる可能性に対して悲観的である。武力で失った領土は武力でしか(あるいは武力を背景とした交渉でしか)とりかえせない。日本に憲法九条があり、東アジアの状況が現在のままであるかぎり、竹島は帰ってこないだろう。

  *        *        *

韓国も反日で凝り固まった人間ばかりではなく、反日デモを冷やかな目で見ている人もいると聞く。竹島問題で日本に譲ることは出来なくても、騒ぎを起こしたいとは思っていない人も多いだろう。

そんな人々にとって、日本が防衛白書で竹島に触れ、韓国が抗議するというのは毎年の行事のようなものだ。日本の多くの人々にとっても防衛白書の発表と韓国の抗議も年中行事のようなものだろう。

日韓共に冷静な大部分の人々にとって、防衛白書の発表と韓国の抗議は形式、あるいは年中行事に過ぎない。実質として燃え上がってしまっているのは一部の人達だけ。

その年中行事のようなものを「韓国に配慮して」延期する、喜ぶのは「ノイジーマイノリティー」だけ。そして、そんな人々は、もっと大きな成果を望んで、もっと大きな声で叫ぶようになる。すると、今度は日本側に反発が生じる。

  *        *        *

譲った結果、トラブルが起きる。なら、譲らない方が良い。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« がっかり感 | トップページ | 私の要求を飲め、話はそれからだ »

コメント

トラブルが有るのは普通の国、ない方がおかしいと何故思わないのかな?安全保障に頼ってる国に厳しく、羽日の国に優しい、どうかしています。遠慮しても相手は評価などしない、奥深く要求が拡大するだけ、民主党には阿呆がそろってると思う。

投稿: 猪 | 2010年7月28日 (水) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48994132

この記事へのトラックバック一覧です: 年中行事は守ろう:

» 一阿の  「英人の見た海軍兵学校」 2 [ガラス瓶に手紙を入れて]
印象深い校長の訓辞・・ [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 09時49分

« がっかり感 | トップページ | 私の要求を飲め、話はそれからだ »