« 法的に決まっている訳じゃない | トップページ | 非武装の国は見つかりませんでした »

2010年7月17日 (土)

なんか良い事あるの?

なんか良い事あるの?

47NEWS:日韓併合百年で「おわび」検討 政府、韓国国民に
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010071601000993.html

 政府は16日、「日韓併合100年」を迎える8月に向け、韓国国民に過去の植民地支配へのおわびの意を示す方向で検討に入った。韓国の意向に配慮することで、歴史問題に一定の区切りを付けたい考えだ。

政府は「正さ」よりも、効用を追求するべきだと思う。より大きな効用を得るためには正しい知識や理論が必要で、そういった正さは追求しなければならない。

韓国へ謝罪することを、道徳的に「正しいこと」だと思っている人達が日韓にいることは事実だろう。しかし、政府は「道徳的正さ」よりも「実際の効用」を追求するべきだ。

「国の意向に配慮する」ことで、「歴史問題に一定の区切り」がつけらるのか。そして、それから、どんな効用・利益が得られるのか、何が目的なのか。

  *        *        *

韓国に謝罪しても彼らは満足しないだろう。一時的には歓迎するかもしれないが、彼らの本当の願いは「日本が無くなること」なのだから。

これは韓国が特別に悪いのではない。世界に何ヶ国あるのか知らないが、大抵の国家は「仮想敵」を持っている。あるいは歴史的・感情的・宗教的に対立している相手がいる。

そういった相手を(本音では)滅ぼしたいと思っていても何の不思議があるだろうか。

国家なんて、人間なんて、そんなもんだ。誰でも自分が可愛い。自分達の価値観に(宗教に・思想に)世界が従うことを望んでいる。

  *        *        *

日本政府は日本国民の為に行動する(ことになっている)。政府はあくまでも実用品だ。

韓国の意向を尊重しても、あるいは、韓国の意向にしたがっても構わないが、その結果が日本国民の利益になるものでなければならない。

「国の意向に配慮する」ことで、どんな効用・利益があるのか。日本国民にどんな良いことがあるのか、何が得られるのか。それを説明できないような事を日本政府はするべきではない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 法的に決まっている訳じゃない | トップページ | 非武装の国は見つかりませんでした »

コメント

意味のない事はやらないことです、しかも自民党時代に失敗している。「村山談話」「河野談話」「近隣諸国条項」なにか一つでも良いことが有りましたかね??
全部日本にはマイナスばかり、何でこんなところだけ自民党のマネをするのかバカもここまで来ると救いようがない。

投稿: 猪 | 2010年7月17日 (土) 09時15分

というか、何に謝罪するのか?
謝罪するようなことを日本がやったのでしょうか?
朝鮮が望んだ併合に感謝こそされど、謝罪する必要性は
感じません。
あえて謝罪するなら、当時の宗主国として戦争に負けた
ことを謝罪するなら、ほんの少しだけ理解します。

投稿: 特ア嫌人 | 2010年7月17日 (土) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48895901

この記事へのトラックバック一覧です: なんか良い事あるの?:

« 法的に決まっている訳じゃない | トップページ | 非武装の国は見つかりませんでした »