« ぬるい | トップページ | 法的に決まっている訳じゃない »

2010年7月16日 (金)

教育しか方法が無い

教育しか方法が無い

サーチナ:参院選挙:華人票は蓮舫氏へ、有史以来の最高得票5分で当確
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0714&f=politics_0714_001.shtml

蓮舫氏に投票するために帰化した人が本当にいるかどうかは定かではないが、日本の華字紙「中文導報」は「日本には帰国した残留孤児の家族親戚など数千人の帰化中国人がおり、その選挙権を持つ在日華人の多さは無視できない」という。



  たとえ外国人参政権が付与されなくても、合法的に参政権を得る帰化華人は今後増えていく。そして在日華人に少しでも良くなるような日本に変えて行こうとするだろう。生まれながらに日本人で労せず一定の年齢に達して付与された選挙権を、ろくな候補がいない、政治に失望した、などと言って行使しなかった人は、それがどういうことなのか、ちょっと考えてみてほしい。

アメリカは、何故、多種多様な移民を、それも多くの移民を受け入れながらアメリカであり続けることが出来るのか。それは、アメリカの教育がアメリカ国民を作る教育だからだ。1世代目はともかく2世代めは○○系と修飾子はつくかもしれないがアメリカ国民になる。

日本は、アメリカと違い長い歴史のなかで文化・習慣・宗教が平均化し、「日本国民を作る」と意識しなくても自然に日本人であって、日本国民になった。しかし、価値観の多様化や文化的背景の多様な帰化人を見ていると、日本の教育にも「日本国民を作る」と意識することが必要なのではないだろうか。

でなければ、日本国民同士が文化や宗教の違いによって分裂し争う(最悪、殺し合う)ような事が起きてしまうのではないだろうか。

  *        *        *

「合法的に参政権を得る帰化華人は今後増えていく。そして在日華人に少しでも良くなるような日本に変えて行こうとするだろう」

1世代めはともかく2世代めが「華人であることよりも、日本国民であることを優先する」という意識を持たないならば、日本人以外の利益を図る集団が日本に永続する事を意味します。それは紛れもなく、国家の分裂と内乱内戦への道です。

そして、内乱内戦ほど悲惨な戦争はありません(隣家の知人が「異民族」というだけで、殺しに来るかも知れないと言う状況を想像してみて下さい)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ぬるい | トップページ | 法的に決まっている訳じゃない »

コメント

その通りです、この民主党政権の「比例」で投票した人が多い事だけで日本人の程度が理解できるに加えて「反日」の外国人が選挙権を持ったら武器を必要としない合法的な占領が出来る。

投稿: 猪 | 2010年7月16日 (金) 09時27分

民主党の比例区の勝利~有田と谷亮子で約73万獲得した事も大きい。
今の比例区ドント方式は疑問である。
政党名を記入した有権者は非拘束名簿を確認しているのだろうか?
白が当選するとは…信じられない。

投稿: S | 2010年7月16日 (金) 14時17分

ああ、これ本当に仰るとおりですね。
アメリカは学校教育で、国民意識を養います。移民一世にもアダルト・スクールとか無料で同化教育を提供しています。
日本は敗戦したためにできなかった面が大きいですが、同化教育をきちんとして、暖かく日本国民として迎えていたら、今日の在日問題はなかったのではないかと思います。逆に特定国在日の人は、緊張を和らげスパイ活動を防ぐ橋渡しになってくれていたかもしれません。

投稿: ap_09 | 2010年7月16日 (金) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48888497

この記事へのトラックバック一覧です: 教育しか方法が無い:

« ぬるい | トップページ | 法的に決まっている訳じゃない »