« 相手のあることだから | トップページ | 買い手が存在できる社会とは »

2010年7月19日 (月)

怖いこと

怖いこと

産経新聞:【世論調査】菅内閣「不支持」、「支持」上回る 政権発足1カ月
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100719/stt1007191431005-n1.htm

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が17、18両日に行った合同世論調査で、菅内閣の支持率は40.3%で、参院選直前の前回調査(3、4日実施)から3.3ポイント下落した。一方、不支持率は前回調査比5.1ポイント増の45.8%に上昇し、政権発足から1カ月あまりで支持率と不支持率が逆転した。

  参院で過半数に達しなかった民主党が目指すべき方向を尋ねたところ、「政策ごとに野党に協力を求める部分連合」が最も多く69.8%。「自民党以外の政党との連立」13.6%、「自民党などとの大連立」9.4%が続いた。菅直人首相の続投には64.9%が理解を示した。

菅内閣の支持率を不支持率が上回りました。参院選の敗北を見れば意外でもなんでもありませんが。このままの情勢では菅内閣は9月の民主党代表選挙まで保つかどうかと言うところでしょうか。菅さんはメディアを使うのが上手いとは言えませんから状況を変える(支持率を逆転させる)のは難しいでしょう。

菅内閣の命運はつきつつあるように思えます。

ですが、怖いことが一つあります。

  *        *        *

「参院で過半数に達しなかった民主党が目指すべき方向を尋ねたところ、『政策ごとに野党に協力を求める部分連合』が最も多く69.8%」

公明党は外国人参政権に賛成です。「政策ごとに野党に協力を求める部分連合」で、公明党と民主党が組んだら成立してしまいます。

民主党内部にも反対勢力がありますから、一気に成立って事はないでしょうが心配です。

杞憂に終われば良いのですが。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 相手のあることだから | トップページ | 買い手が存在できる社会とは »

コメント

自民党の持ち回りは悪くて、民主党の持ち回りは良い、なんて国民も気が付くでしょう。応援するマスコミですらねつ造が出来ない。

投稿: 猪 | 2010年7月20日 (火) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/48917059

この記事へのトラックバック一覧です: 怖いこと:

« 相手のあることだから | トップページ | 買い手が存在できる社会とは »