« 小沢支配が終わるとき | トップページ | 鳩山さんは言うことが変わりすぎ »

2010年8月27日 (金)

間違っちゃいませんけど、言っちゃいけません

間違っちゃいませんけど、言っちゃいけません

読売新聞:小沢氏「米国人は単細胞、英国は紳士面してる」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100825-OYT1T00995.htm

民主党の小沢一郎前幹事長は25日の「小沢一郎政治塾」の講演で、米国観を語り、「米国人は好きだが、どうも単細胞なところがあってだめだ」と述べた。

言ってることが間違っているとは思わないんですがね、アメリカは単細胞だし英国は紳士面してるしね(それだけじゃない恐ろしさも持っていますが)。

公的な立場のある方、特に国家の代表ともなると、本音をズバッととか、正しけりゃ何言っても良いって訳にはいきません。小沢さんが間違って首相になったら、世界中からブーイングの嵐を浴びそうです。

  *        *        *

大人になったらホンネとタテマエを使い分けなくてはなりません。小沢さんは大物政治家ですから、その程度の事は判っているでしょう。

ここで仮説がふたつ。

ひとつめ、小沢さんの世間は小沢さんの周囲の政治家と業者と選挙民だけである。だから、視野に入らない(≒気を配る必要のない)外国の事は思ったままを言ってしまう。

ふたつめ、小沢さんは、押しの強いだけの政治家である。日本人は押しの強い人間に弱いところがある、自信を持って強く言われると、まちがってんじゃないかなぁ~と思いつつ言うことをきいてしまうタイプの人間が多い。民主党の政治家は小沢さんの押しに負けている(≒幻想を見ている)だけで、小沢さん自身の政治的センスは高くない。

どっちにせよ、小沢さんが首相になったら世界中と軋轢を起こして大混乱になりそうな予感がします。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 小沢支配が終わるとき | トップページ | 鳩山さんは言うことが変わりすぎ »

コメント

顔は「剛腕」らしい悪人顔、口は軽い「禍の元」を自分で吹聴して居ては駄目でしょう。

投稿: 猪 | 2010年8月27日 (金) 09時20分

第18回「黒田裕樹の歴史講座」
日時:平成22年8月28日(土) 午後3時30分より
内容:「日韓併合 ~100年目の真実」
場所:梅田東学習ルーム
会費:無料

投稿: teru | 2010年8月27日 (金) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49262162

この記事へのトラックバック一覧です: 間違っちゃいませんけど、言っちゃいけません:

« 小沢支配が終わるとき | トップページ | 鳩山さんは言うことが変わりすぎ »