« 中国バブル | トップページ | 謝罪よりも悲しみの共有を望む »

2010年8月 7日 (土)

マニフェストのご都合主義的活用法

マニフェストのご都合主義的活用法

読売新聞:財政出動路線に戻れ…「反菅」会合に延べ250人
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100806-OYT1T00927.htm

 小沢一郎前幹事長に近い衆院当選1回の議員約100人は6日、勉強会「真の政治主導を考える会」を発足させ、鳩山前首相を招いて国会内で初会合を開いた。鳩山氏は、菅氏の続投を支持する意向を示しているが、講演では、「今こそ(マニフェストの)原点に返らなければならない」と訴えた。

 勉強会の会長に就任した村上史好氏も会合後、記者団に「我々は09年のマニフェストを国民に問い、政権交代が必要だと訴えた。原点は忘れるわけにはいかない」と強調した。

反菅勢力の方々が菅政権を倒そうとするのはご自由ですが、衆院選のマニフェストを錦の御旗にするのは止めた方が良いと思います。何故なら、あのマニフェストは予算の組み換えでお金が出てくるという前提に基づいていました。

「お金はあるから、これが出来ます」ってことだったんです。お金がないから借金します、借金は子供や孫が返済します、借りたお金で楽しましょう。ってことではありませんでした。

  *        *       *

「我々は09年のマニフェストを国民に問い、政権交代が必要だと訴えた。原点は忘れるわけにはいかない」

なら無駄を削ってお金を出すって部分についても、きちんと総括して下さい。ご都合主義的にマニフェストを摘み食いしても国民は騙されないと思いますよ。

  *        *       *

引用した記事のタイトル「財政出動路線に戻れ…」は、おかしいですね。民主党のマニフェストは財政出動ではなく、財政出動しなくても色んな事ができますよってものでした。いつの間に「予算の組み換えで財源捻出」が消えてしまったんでしょうか。

「予算の組み換えで財源捻出」というのは原理的に無理な主張なんで、民主党政権が忘れたがるのは当然だと思います。しかし、マスコミが忘れちゃいけませんね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 中国バブル | トップページ | 謝罪よりも悲しみの共有を望む »

コメント

マニフェスト・マニフェスト?破綻して居るでしょう。

投稿: 猪 | 2010年8月 7日 (土) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49080264

この記事へのトラックバック一覧です: マニフェストのご都合主義的活用法:

« 中国バブル | トップページ | 謝罪よりも悲しみの共有を望む »