« 正直な感想で同意します | トップページ | 中国や韓国が反発するわけ »

2010年8月12日 (木)

あほくさ

あほくさ

読売新聞:NHK来月6〜15日 戦争特番、集中的に放送
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20100729-OYT8T00641.htm

 ◇「玉砕〜封印された“全滅”戦への軌跡(仮題)」(総合=12日後10・00) 1943年5月、アリューシャン列島のアッツ島で日本軍守備隊が全滅。大本営はこれを“玉砕”と呼び、以後、全滅を美化していった。その過程を新たな資料と証言をもとに検証する。

さっき、なんとなくテレビを点けていたら「世界で初めての玉砕」とか言っていた。

「玉砕」って全滅するまで戦うってことだよね。だったら世界の戦史にはいくらでもあるじゃん。

古くはギリシャ、スパルタのレオニダス1世はペルシャの大軍を相手に数千人で戦い全滅した(その結果、ギリシャは戦争準備を整える時間が得られ最終的に勝利した)。西部劇ではアラモ砦の全滅も有名だよね。

世界の戦史で「全滅するまで戦う」のは珍しい事ではない、また、国家がそれを美化するのも珍しいことじゃない。

  *        *        *

NHKは日本を特別視しすぎるのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 正直な感想で同意します | トップページ | 中国や韓国が反発するわけ »

コメント

世界の戦史で「全滅するまで戦う」のは珍しい事ではない、また、国家がそれを美化するのも珍しいことじゃない・・・って

珍しくないからって 何?

初めて・・・という所だけ に反応されていますが

あの番組が何を伝えたかったか
深く読み取られていないのでしょうか?


投稿: mako | 2010年8月13日 (金) 02時39分

makoさん、こんにちは

> あの番組が何を伝えたかったか
> 深く読み取られていないのでしょうか?

はい、ちゃんと見ていませんから。アップした記事に「なんとなくテレビを点けていた」と書きましたが、BGM代わりに点けていただけでしたし。真剣に見ていないという意味では、きちんとした批判や批評にはなっていないと思います。

  *        *        *

ただ(私の聞き違いでなければ)、明らさまな嘘とは言えないまでも、誇大広告のような言葉を使ったのですよ。そしたら、真剣に見ようという気持ちにはなれません。

例えて言うなら、CMで「世界で初めての○○機能付きの~」とか言うキャッチコピーを見て「ふ~ん、確かにこの会社が○○という名前で製品を出すのは初めてだよね~。でも、似たようなの、××機能が(別の会社の製品で)あったよな」って思うようなものです。その製品が良い物であれば購入するかも知れませんが「胡散臭い」と思ってしまい、私に取ってはマイナスポイントになります。

本当に世界初なら、新しもん好きの自分としてはプラスポイントなんですが。

  *        *        *

「玉砕」という言葉が使われたのは初めてかも知れません。それを「世界で初めて~」と言っても完全な嘘ではないかも知れない。でも、実質的には世界で初めてではない。そんな煽情的な大げさな表現で人心を煽ってどうする?

戦争について考えるときに、扇情的な言葉を使うのは良くない。


投稿: 乱読雑記 | 2010年8月13日 (金) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49132252

この記事へのトラックバック一覧です: あほくさ:

« 正直な感想で同意します | トップページ | 中国や韓国が反発するわけ »