« 謝って欲しとは思わないんですが | トップページ | 中国や韓国に褒められても嬉しくない »

2010年8月15日 (日)

国際社会へ目を向けないで平和を語る愚かしさ

国際社会へ目を向けないで平和を語る愚かしさ

中日新聞 社説:歴史は沖縄から変わる 終戦の日に考える
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2010081502000013.html

 鳩山由紀夫前首相を退陣させた普天間基地問題は、沖縄の戦後がなお終わっていないことを告げる事件でした。歴史は沖縄から変えねばなりません。
 「米国に依存しつづける安全保障、これから五十年、百年続けていいとは思わない」。前首相の辞任演説。同感なのですが、いったいこの米国依存の体質はどこからきたのでしょうか。
 その疑問に答えてくれたのが岩波現代文庫の「昭和天皇・マッカーサー会見」に収められた豊下楢彦関西学院大学法学部教授の論考で、意外なことに「昭和天皇」というのが回答でした。

「米国依存の体質はどこからきたのでしょうか」

この社説では天皇陛下を始めとして日本国内の事情を挙げています。書いてある事実は事実でしょう(新聞社が明らさまな嘘は書かないでしょうから)、しかし、書いてないことがありはしないでしょうか。

日本の対米依存は、日本国内の事情ろ言うより、国際社会の状況に対して、日本が適応した結果ではないでしょうか。

戦後の占領期、対米依存というのも愚かしい状況でした。占領が終わった時には冷戦が始めっていました。日本単独でソ連に対抗できたでしょうか。ヨーロッパで冷戦が終わっても東アジアでは冷戦構造は残りました。中国が台頭しつつあります。

この状況下で、しかも憲法九条に縛られて、対米依存以外の選択肢があるでしょうか。

  *        *        *

私達には軍事的には対米意存する以外の選択肢はありません。将来に渡ってそれで良いとは思いませんし、日本人も軍事知識も持つべきだし、精神的な依存や支配は警戒しなければなりませんが。

  *        *        *

中日新聞のこの社説には国際社会への視点が欠けている。人間関係を忘れた、自分の心に閉じこもった自己中心的人間の言説に聞こえてしまう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 謝って欲しとは思わないんですが | トップページ | 中国や韓国に褒められても嬉しくない »

コメント

NHKで韓国に関する意見募集中
http://www.nhk.or.jp/korekara/

投稿: キ43 | 2010年8月15日 (日) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49149196

この記事へのトラックバック一覧です: 国際社会へ目を向けないで平和を語る愚かしさ:

« 謝って欲しとは思わないんですが | トップページ | 中国や韓国に褒められても嬉しくない »