« 中国や韓国に褒められても嬉しくない | トップページ | 自分の出来ないことを他人に要求すること »

2010年8月17日 (火)

連携や重視と追従は違います

連携や重視と追従は違います

北海道新聞:国立追悼施設 超党派で議論進めたい
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/246446_all.html

 小泉純一郎元首相が2006年の8月15日に靖国神社に参拝し、内外で激しい論議を巻き起こしてから4年。菅直人首相と全17閣僚は事前に表明していた通り参拝を見送った。

 政府に記録が残る1985年以降、終戦記念日に閣僚が一人も参拝しなかったのは初めてだという。A級戦犯の合祀(ごうし)を理由に、首相や閣僚の公式参拝は問題があるとする民主党の見解に沿った対応だ。

 日韓併合100年の首相談話に続き、東アジアとの連携を重視する菅内閣のカラーを示したと言える。

 靖国参拝をめぐっては自民党政権時代、中国や韓国の反発をたびたび招いてきた。歴史認識問題で政権交代を印象づけた姿勢は評価したい。

言葉は正確に明確に意味が伝わるように使おうよ。自分も他人の事は言えないけど。

「東アジアとの連携を重視する菅内閣」

東アジアって名前の国がある訳じゃない、中国や韓国との連携だとはっきり書いた方が良いのではないか。

以下に引用した世論調査の記事に見られるように、日本人には中国に対して「良くない印象」を持っている人の割合が多い(72%)。だから中国という名前を出さず「東アジア」といいう言葉を使ったのであれば、まぁ「宣撫としては理解する」けど、気がついた瞬間に論評全体への信頼感が減ってしまう。

47NEWS:中国人の対日イメージ改善 両国共同の世論調査
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081401000460.html

 日本のNPO法人「言論NPO」と、中国メディアの中国日報社は14日、日本と中国で実施した共同世論調査の結果を発表した。相手国に「良くない印象を持っている」と答えた人の割合は、中国で55・9%と、前年に比べ9・3ポイント減少して対日イメージが改善。一方、日本では1・2ポイント減の72・0%とほぼ横ばいだった。

  *        *        *

「東アジアとの連携を重視する菅内閣」

連携とか重視って言葉には「相手に従う」って意味は無い。

相手が自分にとって大切な相手であれば「従う」だけじゃなくて、相手に自分の事を理解してもらう事も大事だ。なぜ靖国神社の事を中国に向けて説明説得しないのか(靖国神社には多くの日本人が参拝している。その人達の気持ちを考えると「重要な相手」なら靖国神社を非難しないように説得するのも大事な仕事だ)。

「連携を重視」という言葉で追従・服従している事を誤魔化さないで欲しい。

  *        *        *

 靖国参拝をめぐっては自民党政権時代、中国や韓国の反発をたびたび招いてきた。歴史認識問題で政権交代を印象づけた姿勢は評価したい。

「歴史認識問題で政権交代を印象づけた」

私は評価しません。人が違えば価値観が異なるのは当然のこと。人間集団たる国家も同じ。ちがって当然。

私は「政権交代して、日本は中国のような国になりつつある」と思っています。私は中国の庶民より日本の庶民の方が幸せな生活をしていると思っていますから、中国のような国になって欲しくありません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 中国や韓国に褒められても嬉しくない | トップページ | 自分の出来ないことを他人に要求すること »

コメント

追悼施設は「靖国神社」しか無い、何もない電信柱を立てて何の意味が有るのですかね?

投稿: 猪 | 2010年8月17日 (火) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49167890

この記事へのトラックバック一覧です: 連携や重視と追従は違います:

» 写真点描・札幌花物語 17 [つき指の読書日記by大月清司]
 前回の写真の後半から本来の順番になる、札幌の大通公園、花に飾られた姿が現しましたね。一安心(笑)というところです。 札幌に住む方々もこの鮮やかな花壇、当然、目で楽しん... [続きを読む]

受信: 2010年8月20日 (金) 21時04分

« 中国や韓国に褒められても嬉しくない | トップページ | 自分の出来ないことを他人に要求すること »