« 中国の発言は北朝鮮に似ている | トップページ | 甘い! »

2010年9月13日 (月)

唇亡びて歯寒し

唇亡びて歯寒し

沖縄タイムス:[名護・市長派圧勝]敗れたのは日米政府
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-13_10187/

名護市など25市町村議会議員選挙の投開票が12日あり、開票が1日遅れる竹富町を除く議席がほぼ確定した。米軍普天間飛行場移設問題で注目された名護市議選(定数27)は反対派が圧勝した。

市議を選ぶことが日米同盟にもかかわる選択になるなんて、市民には迷惑千万なことだろう。しかしこの国の外交・安保はそうなってしまっている。



理不尽な基地負担はこりごりだ、という地元の素朴な訴えに耳を貸さず、状況を悪化させている政府の責任こそ厳しく問われる。

新議員は胸を張って名護の未来、
地域主権の実現に向けて政策を磨いてほしい。

確かに日米政府は敗者であろう。しかし、沖縄や名護市が勝者であると言えるだろうか。

  *        *        *

「唇亡びて歯寒し」という故事成語がある。沖縄や名護と日本政府は別ではないが、日本政府の方針と沖縄や名護市の希望が対立している。その日本政府が敗者となったら名護市は勝利したと言えるだろうか。

普天間移転が拗れれば日米同盟にマイナスになる。日米同盟が弱体化することは沖縄の利益なのだろうか?

それは中国の利益とはなっても沖縄の利益とはならないのではないか。

まさに「唇亡びて歯寒し」とならないだろうか。

  *        *        *

普天間移転が失敗したからと言って、ただちに日米同盟が無効化するとは言えない。しかし、マイナスの影響があることは事実だろう。こういったこと、一つ一つの積み重ねが同盟を弱体化させるのではないだろうか。

  *        *        *

「新議員は胸を張って名護の未来、地域主権の実現に向けて政策を磨いてほしい」

主権は、それを護る実力のある人間集団にしか与えられない。地域主権などと言うのお花畑な言葉だ。

もし、本気で主権を言うなら、アメリカ軍や中国の人民解放軍、あるいは日本の自衛隊に対抗できるだけの実力を持つ必要がある。実力も無いのに主権を言えば笑われるか踏みつけられる。

そこまでの覚悟があるのだろうか。

  *        *        *

「市議を選ぶことが日米同盟にもかかわる選択になるなんて、市民には迷惑千万なことだろう。しかしこの国の外交・安保はそうなってしまっている」

これは本当におかしいと思う。軍事上の必要は日本全体の問題なので、地方の意志があまりに反映するのはおかしいと思う。地方の我侭もそうだが、それ以上に中央の政治家が問題から逃げている、国際社会の現実をかたっていないのではないか。

中央の政治家が地方に甘えているのではないかとも思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 中国の発言は北朝鮮に似ている | トップページ | 甘い! »

コメント

何ともはや・・・国会議員なんて不要だね。

投稿: 猪 | 2010年9月14日 (火) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49438835

この記事へのトラックバック一覧です: 唇亡びて歯寒し:

« 中国の発言は北朝鮮に似ている | トップページ | 甘い! »