« パンツは脱ぎませんでした | トップページ | 事態の拡大に備えよ »

2010年9月22日 (水)

那覇市は外国人参政権をどう思うのだろうか

那覇市は外国人参政権をどう思うのだろうか

NHK:漁船衝突 那覇市議会が意見書
http://www.nhk.or.jp/news/html/20100921/t10014105441000.html

可決された意見書は「歴史的にも国際法上も尖閣諸島がわが国固有の領土であることは明白だ。

昨日、那覇市議会の意見書について記事を書きました。今朝、読み返して、ふと「那覇市が外国人参政権を認めていたら、この意見書はどうなっただろうか」と思いました。

那覇市に何人の中国人が住んでいるか知りませんし、現在は通常の常態ではありません。しかし、こんな事態になっている時に「もし、外国人参政権を認めていたら」と思考実験するのも必要な事ではないでしょうか。

非常事態に破綻する政治では、人々の命を守れませんから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« パンツは脱ぎませんでした | トップページ | 事態の拡大に備えよ »

コメント

完全に乗っとり成功ですね。

投稿: 猪 | 2010年9月22日 (水) 09時27分

この法案が如何に悪質なものであるのかを多くの国民が認識する必要があります。

投稿: シルバーな親父 | 2010年9月22日 (水) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49524893

この記事へのトラックバック一覧です: 那覇市は外国人参政権をどう思うのだろうか:

« パンツは脱ぎませんでした | トップページ | 事態の拡大に備えよ »