« 外国漁船に違法操業されること | トップページ | グローバル化した社会は、少数の人間がトラブルを起こせる社会 »

2010年9月 9日 (木)

尖閣諸島。覚悟と決断が求められています

尖閣諸島。覚悟と決断が求められています

産経新聞:中国 漁業監視船派遣は国内世論も意識
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100909/chn1009092100007-n1.htm

にもかかわらず、日本側の反発は必至という状況下で、なぜ監視船を派遣したのか。姜報道官は「日本が釣魚島海域で非合法に中国の船員と船舶を拘留した事件は、すでに中国国民の強烈な反応を引き起こしている」と述べた。この発言からは、中国政府が日本に対し弱腰な姿勢を見せれば、中国国民が日本に向けている批判が共産党や政府に向きかねず、さらに軍部からの反発も避けられない、という懸念がうかがわれる。

「漁業監視船」という名称からは自国の漁船が悪いことしてないか監視するような印象を受けますが、中国の漁業監視船は武装し、自国の漁船が他国の官憲に拿捕されたり臨検されたりすることを防ぐという事も行っています。実際、南シナ海では拿捕された中国の漁船を武力で脅して開放させるという事もしています。

  *        *        *

中共政府は武装船を派遣しました。

中共政府は賭金を上げてきました。報道官の言葉を深読みするなら、それは恐怖ゆえにです。

領土欲や物欲や名誉欲ではなく、中共政府へ人民の不満が向けられた時の恐怖、反日を、日本を中国から撃退したのは中国共産党と人民解放軍という「神話」が崩れた時に起きることへの恐怖。

その恐怖故に漁業監視船と言う武装艦船の派遣を行ったというのは深読みのしすぎでしょうか。

  *        *        *

「欲」と「恐怖」。

「欲」なら妥協も取引も成立しやすいでしょう。しかし、「恐怖」ではどうでしょうか。

  *        *        *

日本がここで譲ったら、次は尖閣諸島に上陸してくるでしょう。日本は中国と衝突するか、尖閣諸島を中国に渡すかの岐路に立っています。

どちらの道を選ぶにせよ、覚悟と決断を求められています。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 外国漁船に違法操業されること | トップページ | グローバル化した社会は、少数の人間がトラブルを起こせる社会 »

コメント

決断と言っても「独立国」が「自領」を守るのが当たり前、当たり前の事が出来ないなら政府など不要。

投稿: 猪 | 2010年9月10日 (金) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49402398

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島。覚悟と決断が求められています:

« 外国漁船に違法操業されること | トップページ | グローバル化した社会は、少数の人間がトラブルを起こせる社会 »