« 外国人は危険な存在、では何にとってでしょう | トップページ | 幼稚な軍縮論は止めよう »

2010年9月16日 (木)

常識的に考えれば普天間継続使用

常識的に考えれば普天間継続使用

沖縄タイムス 社説:[民主代表 菅氏再選]「県内は小沢氏」の意味
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-15_10233/

党員・サポーター票は、県内4選挙区のすべてで、小沢氏が菅氏を上回っている。とりわけ名護市を抱える第3区の得票差は圧倒的だ。

全国の党員・サポーター票は菅氏249ポイントに対し、小沢氏はわずか51ポイント。沖縄と全国の違いが際立っているのである。12日の名護市議選の結果と今回の代表選の結果を軽く見てはならない。

小沢さんの政治は密室とバラマキが特徴だ。子供手当てや農家の戸別補償などなどはバラマキの例。バラマキは実現出来れば、誰しも喜ぶけど、財源が無くっちゃどうにもならない。財源も無いのにやっちゃたら、あとで酷い目にあう。

沖縄の普天間移転問題に対する小沢さんの態度も、一種のバラマキだ。実現できれば良いけど、実現は無理。もしくは、無理やり実現すれば、副作用が強すぎる。

小沢さんは沖縄にバラマキを約束したに過ぎない。もし、小沢さんが首相になっていたら、沖縄は再度の失望を味わう事になっていただろう。

この期に及んでもなお「辺野古しかない」と主張するのは、沖縄に対する差別と言うしかない。辺野古移設はもう無理だという「健全な常識」に立ち返ることが、日米双方に求められている。

「辺野古移設はもう無理」なら普天間を継続的に利用することになる。これも「健全な常識」のひとつだ。

沖縄は結局のところ、「普天間の継続使用」か「辺野古移設」の二択を迫られ、普天間の継続使用を選択したのだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 外国人は危険な存在、では何にとってでしょう | トップページ | 幼稚な軍縮論は止めよう »

コメント

現状維持が望みなのでしょう?

投稿: 猪 | 2010年9月16日 (木) 09時31分

バラマキではではない。
先進北欧諸国をみても分かるとおり、国民の生活を豊かにするための基本的な政策として子供手当は評価できる。財源は適材適所に振り分けることにより生むことができるし、日本が所有する米国債を手放すことによっても簡単につくることができる。

投稿: | 2010年9月16日 (木) 12時18分

本当に子供手当は、バラマキ以外の何者でもない
北欧 消費税を50%しますか?

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2010年9月16日 (木) 16時59分

ななしさん、こんにちは。

時間が無いので、まとまりませんが、2点ほど。

ひとつめ、私はバラマキそのものが悪いとは思いません。バラマキすることで起きること、バラマキを約束する事で起きることが悪いと思っています。

バラマキはバラマかれる人達にとっては、利益ですからね。

継続する財源、実現する方法があれば、バラ撒くのも悪くないでしょう。

民主党の子供手当ては継続可能なのでしょうか?結局消費税に跳ね返らないでしょうか?

そして、出来もしない普天間の海外移転を約束することは(希望を持たせることは)、結局、選挙民を騙す事に他なりません。

ふたつめ、

> 財源は適材適所に振り分けることにより
> 生むことができる

無理です。A+B+C が B+A+C になった所で、結果は変わらない。予算の組み換えしても総額は変わらない。


投稿: 乱読雑記 | 2010年9月17日 (金) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49463634

この記事へのトラックバック一覧です: 常識的に考えれば普天間継続使用:

« 外国人は危険な存在、では何にとってでしょう | トップページ | 幼稚な軍縮論は止めよう »