« 空想が現実にぶつかるとき | トップページ | 愚か »

2010年9月 7日 (火)

民主党は政権を担当する用意の無いまま政権与党になったのです

民主党は政権を担当する用意の無いまま政権与党になったのです

読売新聞:外国人の投票、民主執行部で今後検討…官房長官
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100906-OYT1T00590.htm

仙谷官房長官は6日午前の記者会見で、民主党代表選で在日外国人にも党員・サポーター投票の資格を認めていることについて、「政権与党になった民主党の問題なので、党執行部で今後、検討されると思う」と述べた。

以前、小沢さんは民主党には政権担当能力がないとおっしゃっていましたが、こういった制度も政権を担当する準備の出来ていなかった(いまだに出来ていない)ことを示しています。

憲法15条や民主国家にとっての国民の意味を考えると、政権与党の党首(すなわち首相)を選ぶ手続きに外国人が影響を与えることに問題があることは明確です。

これが野党なら「私党の問題」と言い訳も出来るし、マスコミや世論の注意を注意もあまりひきませんから、問題化することもないでしょう。

政権与党になるなら、事前にこんなことは整理しておくべきでした。

民主党は政権を担当する準備の無いまま政権を獲得してしまいました。

若者に能力以上の地位や権力を任せること、これは若者を成長させる為には良いことです。しかし、それは会社などの組織に余裕があってのことです。

日本には、いま、そんな余裕はありません。しかし、民主党は政権に就いてしまいました。そこに、日本と民主党の不幸があります。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 空想が現実にぶつかるとき | トップページ | 愚か »

コメント

目的が経済でも安全保障でもない、只の「政権交代」で「与党になりたい」が目的すから中身は、英単語のマニフェストなんて「カラ」が当然の事。

投稿: 猪 | 2010年9月 7日 (火) 08時54分

この代表選は違憲ではないのでしょうか?
野党は臨時国会で不信任案・問責決議案を提出すべきです。

民主党は綱領を持たないから発言がアチコチ飛ぶ、綱領を持たないのは民主党とナチスだけだ~と某番組で言われていました。

その場にいたレンホウと山岡は綱領を作ろうというような話をしていましたが…あまりに未熟な政党です。

投稿: みかづき | 2010年9月 7日 (火) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49376819

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党は政権を担当する用意の無いまま政権与党になったのです:

» 仙道の ~今、何故 菅談話なのか~「謝罪外交に断固反対する集会」 1.外交評論家加瀬英明氏 3/3 [ガラス瓶に手紙を入れて]
何れにしても、菅首相というのは、お粗末な人ですね。あの談話によって韓国の人の日本への敬意の念を殺ぎ、逆に日本に対する不満と要求を強める結果を招いてきます。1965年6月調印の日韓基本条約により、韓国は日本に対する総ての要求を、これ以上、行わないことを約束した。その時日本は韓国の国会予算の2倍以上の8億ドルを無償・借款供与したのです。外交は相手の国柄を良く見て行うことですね。(拍手)。... [続きを読む]

受信: 2010年9月 7日 (火) 09時52分

« 空想が現実にぶつかるとき | トップページ | 愚か »