« 心配なのは日本政府が決断できるかどうか | トップページ | 敗戦 »

2010年9月24日 (金)

待ってれば開放されますが

待ってれば開放されますが

中国新聞:対抗措置の次元引き上げ 中国、痛手覚悟で兵糧攻め
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201009240111.html

以前から中国は、戦略物資と位置付けるレアアースの輸出制限を実施、日本側が規制見直しを求めてきた経緯があり、中国政府高官は「輸出制限は日本企業のみならず、中国にも大きな影響がある」と指摘したことがある。発言の背景には、日本と中国の製造業は一体化が進んでおり、日本の製造業が変調を来せば、中国にも飛び火するとの認識がある。

そうした意味で今回の中国の対応は、自らにも悪影響が及ぶことを覚悟の上で、船長の釈放実現を目指す執念を浮き彫りにしたといえそうだ。

中国は色々と対日圧力をかけています。その矢面に立たされる事になってしまった方々にはご同情申し上げます。昨日まで平気だった事が突然NGになって逮捕なんてされたら堪らないですよね。

でも、それが中国ですから。

中国は対日圧力をかけていますが、早期釈放に向けての効果は上げていないように見えます。政府や親中派の方々の心の内は判りませんが、マスコミの論調にも日本の法を曲げよというものは出ていませんし。

  *        *        *

「自らにも悪影響が及ぶことを覚悟の上で、船長の釈放実現を目指す執念」

待ってれば、そのうち裁判が行われて、執行猶予付きの有罪判決が出て、国外追放つまり開放されますよ、中国さん。

でも、それを「圧力をかけたから」と勘違いしそうなところが心配です。中国国内向けにどんな宣伝をしても日本には関係ないんですが、圧力をかけた結果、判決が中国側に有利になったなんて誤解されると、今後もなんかある度に、中国が中国国内の法の解釈を変えたりして、関係者のみなさんが右往左往することになってしまいますから。

  *        *        *

中国さん、待ってれば釈放されますから、気長に待ってくださいな。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 心配なのは日本政府が決断できるかどうか | トップページ | 敗戦 »

コメント

日本は日本の司法制度を教えてやるべきです。中共国民は知りません、日本に来た旅行者がびくびくして居るらしいとニュースで伝えていましたが、そんなものです。
日本と中国の制度の違い共産党との違いも同時に教育してやる、中国人がそれを知る事は日本に取っても、世界にとってもプラスに成る。沈黙が一番いけない。

投稿: 猪 | 2010年9月24日 (金) 09時50分

不起訴にしやがりましたね。
日本の司法は腐ってやがります。

投稿: 茶碗蒸し | 2010年9月24日 (金) 18時15分

那覇地検でしたね。
まちがえました。

投稿: 茶碗蒸し | 2010年9月25日 (土) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49545132

この記事へのトラックバック一覧です: 待ってれば開放されますが:

« 心配なのは日本政府が決断できるかどうか | トップページ | 敗戦 »