« 唇亡びて歯寒し | トップページ | 李承晩と言えば、李承晩ライン »

2010年9月14日 (火)

甘い!

甘い!

産経新聞:中国側の軟化期待し船員帰国さす…「違った状況」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100913/plc1009132358011-n2.htm

翌8日午前の記者会見で、仙谷氏は「日本国内もヒートアップ(過熱)しないで冷静に対処していくことが必要だ」と答えている。中国政府が対応を過熱させることは、予想していなかったようだ。



日本政府は13日昼、船長を除く中国人乗組員14人を帰国させた。仙谷氏は同日の記者会見で「漁船の違法操業との関係でガス田協議を中止するといわれても困る。私の予測では、14人と船がお帰りになれば、また違った状況が開かれてくる」と述べ、中国側の対応の変化に期待感を示した。

中国は尖閣諸島の領有権を主張している。仙石長官は、その事実を知らないのだろうか。

「中国政府が対応を過熱させることは、予想していなかったようだ」

初期段階で(今回の事件で)中国がどこまでヒートアップするか予測できなかったのは仕方ないかも知れない。しかし、

「私の予測では、14人と船がお帰りになれば、また違った状況が開かれてくる」

これはお人好しと言わざるを得ない。この事件の本質は尖閣諸島の領有権だ。日本が日本の法に基づいて裁けば(結果が無罪であれ有罪であれ公平なものであれば)日本は日本の法を尖閣諸島に及ぼしている事になる。

船長一人だろうが、全船員だろうが、関係ないのだ。

本質的な所で、相手に譲っていないのに「(日本にとって良い意味での)違った状況」になる訳が無い。むしろ、圧力をかけたら効果があった、もっと圧力をかけろと中国が判断しても不思議ではない。

  *       *       *

仙石長官は弁護士出身だそうだけれども、両者が絶対に譲れない事項で対立している裁判を経験していないのだろうか。船長を残して船員を帰せば「違った状況」になることを期待するのは、甘すぎる。

賃上げ要求の部分的譲歩などと混同してはいけない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 唇亡びて歯寒し | トップページ | 李承晩と言えば、李承晩ライン »

コメント

仙石官房長官は知っていると思いますよ ただ相手が怖いだけ 世界に向けて最初に領海侵犯のため中京の漁船を拿捕した 大げさに発表したら良かったんですよ 最初から腰が引けていたから 馬鹿にされたんですよ

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2010年9月14日 (火) 09時11分

日本の政治家は「孫子の兵法」でも暗記しておくんですな、くだらない憲法が暗記できるんだから簡単でしょう。
まあ内容の把握は「石頭」故、時間は罹るが中共は「孫子さん」の方法で攻めているのが判るだけでも勉強になるよ。

投稿: 猪 | 2010年9月14日 (火) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49442439

この記事へのトラックバック一覧です: 甘い!:

« 唇亡びて歯寒し | トップページ | 李承晩と言えば、李承晩ライン »