« 尖閣諸島での演習というカード | トップページ | 妄想と小芝居 »

2010年9月27日 (月)

目先しか見ないと無職やワーキングプアになるよ

目先しか見ないと無職やワーキングプアになるよ

琉球新報:抗議に反応なく 米兵、浜清掃や観月会 平良港寄港
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-167915-storytopic-1.html

「下地島空港の軍事利用に反対する宮古郡民の会」など複数の市民団体は23日、宮古島市の繁華街で買い物客らに抗議集会への参加を呼び掛けるチラシを配り、平良港第1埠頭ゲート前で抗議集会を開いた。24日の出港時も抗議行動をする。寄港を伝える新聞を見て初めて集会に参加した○○○○さん(16)=宮古高1年=は「軍艦を生で見ると怖い。宮古に米軍が来たら、事件・事故が起こると思う。来ないでほしい」と話した。

(*) 伏せ字にした部分は、個人の氏名です。引用元の記事には個人の氏名がありましたが、個人名をあげる必要が無いこととBLOGの記事は引用元の記事と違って長期間に渡って掲載される事から、氏名は伏せ字としました。

「軍艦を生で見ると怖い」

うん、事実だと思うよ。軍隊というものは暴力装置で、命令があれば人の命を奪うような行為もする。また、抑止力というものは「恐怖」に依っている。ようするに「怖そうに見えない軍隊」には抑止力がない。だから、この高校生が軍艦を見て、「生で見ると怖い」と思ったというのことは何の不思議もない。

  *        *        *

心配なのはこの高校生の将来だ。「寄港を伝える新聞を見て」参加したそうだから、新聞を読む・社会に興味を持つという点では評価できる。ただ、「軍艦を生で見ると怖い」という目先の話や感覚的な印象や目先の連想だけで判断していると将来が心配だ。

生の皮膚感覚や実際に目でみた時の印象、こういったものは大切にしなくちゃならない。できる職人や技術者には、理屈を考える前の「直感」がある。まず直感、そして、その直感が正しいか(見落としや見誤り)が無いか考える。その直感が意味するものを考える。最初の直感が狂っていると優秀な職人や技術者にはなれない。

人間関係だって生の感覚は大事だ。

だけど、「印象」に留まっているなら、将来を見通す事は出来ない。

人生、嫌なもの怖いものに出会う事はある。その時に「嫌」とか「怖い」で終わってしまっていたら、そんな人は、どんな人生を送るだろうか。

  *        *        *

「軍艦を生で見ると怖い。宮古に米軍が来たら、事件・事故が起こると思う。来ないでほしい」

軍艦→怖い→事件事故→来るな。

うーん単純すぎ。

もう少し考えて見ようよ。

目先の感覚や出来事に振り回されて(≒マスコミに振り回されて)、長期的な計画なしに人生を送るとプー太郎になっちゃうよ。

もっとも記事にされなかっただけで、この後に色々考えていると思うけど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 尖閣諸島での演習というカード | トップページ | 妄想と小芝居 »

コメント

国内で暴動が有り、地震震災の時の「軍艦」は希望の星に見えますよ。
普段にに見ると大きな軍艦に威圧感があるのは当然、他国の軍隊が来た時に助けてくれる軍艦も頼りに成る。
一時が万事と小さな場所で何事も見ちゃ駄目ですよ。

投稿: 猪 | 2010年9月27日 (月) 09時36分

粛々と、全ての日本国民が中国製品を拒否し不買するだけで、良いかと思います。

日本人が今から誰でもすぐできる最も効果的で平和で確実な対応です!

媚中企業は、潰れなさい!もう安物は要りません!

投稿: ty | 2010年9月27日 (月) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49574317

この記事へのトラックバック一覧です: 目先しか見ないと無職やワーキングプアになるよ:

» 意見書文例:尖閣衝突事件における船長釈放についての抗議文 [【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
はじめに クリックをお願いいたします! ◆◇◆今般の主旨◆◇◆ ●すでに皆さまがご承知の通り、本年9月7日に中国漁船が海上保安庁の巡視... [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 09時07分

» 仙道の ~今、何故 菅談話なのか~「謝罪外交に断固反対する集会」 5.田母神俊雄氏(前航空幕僚長) [ガラス瓶に手紙を入れて]
 私は、外交というのは、仲良くすることではなくて、熾烈な、利益の分捕り合戦だと思います。国際政治の現実を見れば、こちらが、いい顔すれば、付け込まれるだけだと思います。ですからここで戦わなければならないと思うのです。... [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 09時07分

« 尖閣諸島での演習というカード | トップページ | 妄想と小芝居 »