« 共同体を護るために命を賭ける者にのみ参政権は与えられるのが原則 | トップページ | 元安ではインフレを止められない »

2010年10月28日 (木)

小沢さんを切り捨てたらいかがでしょうか?

小沢さんを切り捨てたらいかがでしょうか?

産経新聞:小沢問題、とうとう補正審議を直撃
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101028/plc1010282244025-n1.htm

民主党の小沢一郎元代表の国会招致のめどが立たないことが、平成22年度補正予算案を直撃している。招致を強く求めてきた自民、公明両党が補正予算に関する日程協議に応じないと攻勢を強めているためだ。民主党の岡田克也幹事長は小沢氏の意向をつかもうにも面会の約束すら取り付けていない状態が続いている。ついには記者会見で小沢氏に会談を呼びかけた。

民主党は小沢さんを切り捨てるべきだ。小沢さんは話し合いにすら応じない。話し合いにすら応じないのであれば、交渉の余地なしとして切り捨てるしかないだろう。

  *        *        *

民主党は小沢さんに怯えすぎている。いまの小沢さんには大した力は無い。選挙上手といっても、それで天下を獲るほどの力は無い。小沢さんが党を飛び出したとしても、衆議院では多数派を維持できるだろうし、参議院で少数派であることは今も変わらない。

菅さんがキッパリと意志を示せば、世間の支持は得られる。そっちの方が、多少の選挙テクニックよりもよっぽど力になるだろう。

  *        *        *

私には小沢さんを切れない民主党は、子供の我侭に振り回されている親に見えてしまう。家族全体の為に、毅然たる態度をとらなくちゃならないときは、毅然たる態度をとるべきだ。

  *        *        *

自民党ならここまで我侭な態度をとらせはしない。こんな態度をとったらバッサリ切り捨てただろう。そして多少の軋轢があっても政治を前に進めただろう。

菅首相を見て思う。民主党政権は、こんなにも意志が弱かったのだろうかと。まるで悪い意味での戦後の家庭や学校のようだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 共同体を護るために命を賭ける者にのみ参政権は与えられるのが原則 | トップページ | 元安ではインフレを止められない »

コメント

まあ、外交を見ていてもそんな度胸は無いでしょう。

投稿: 猪 | 2010年10月29日 (金) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49872674

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんを切り捨てたらいかがでしょうか?:

« 共同体を護るために命を賭ける者にのみ参政権は与えられるのが原則 | トップページ | 元安ではインフレを止められない »