« 小沢さんを切り捨てたらいかがでしょうか? | トップページ | 他人のものの見方に文句を言うこと »

2010年10月29日 (金)

元安ではインフレを止められない

元安ではインフレを止められない

日本経済新聞:中国人民銀「物価上昇圧力、軽視できない」
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE0EAE2E09D8DE0EAE3E2E0E2E3E29494E3E2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000

中国人民銀行(中央銀行)は28日までに発表した四半期に1度のマクロ経済情勢分析で「将来の物価上昇圧力は軽視できない」との見解を示した。



分析は物価上昇圧力が高まっている理由として、主要国の金融緩和で国際商品価格が上がっていることや、中国国内でなお資金がだぶついていることなどを挙げた。さらに所得分配の改革を通じた賃金の上昇も、物価上昇要因になるとの認識を表明した。

無理して元のレートを安くしていると、中国国内ではインフレになります。中国人民銀行は、知ってて言っていないのだと思いますが。

  *        *       *

元安だと海外からの輸入品は高くなりますし、輸出品は高くても売れます。輸出品につられて他の品物も値上がりして、インフレになる。

中国国内で利上げをして景気を冷やしたとしても、今度は元に対する海外からの投資が(利率が良いので)大きくなって、中国国内に元が溢れインフレになります。

  *        *       *

中国は、元の切り上げかインフレかの2択を迫られています。

別の言葉で言うと「元の切り上げ→輸出企業に打撃→景気低迷で暴動のリスク」か「インフレ→生活困窮で暴動のリスク」かの2択でもあります。

素人目には中国経済は歪に見えます。図体のデカさによる体力と独裁政治による我慢強さで保っていますが、いつまで保つのでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 小沢さんを切り捨てたらいかがでしょうか? | トップページ | 他人のものの見方に文句を言うこと »

コメント

長者は不動産業者ばかりですからね・・・異常ですが「元」の印刷ををやっていても判らない国。
各国が生産基地の移動を考えれば良い。薄利多売が出来る生産工程が中国生産の利だけ、世界が考えれ中国は怖くない。

投稿: 猪 | 2010年10月29日 (金) 09時17分

2011年、日本はデフレから脱却し、怒涛のインフレが押し寄せる!?

まえがき(新著『2011年 本当の危機が始まる!』より)
http://www.funaiyukio.com/money2/index_1010.asp

投稿: k | 2010年10月29日 (金) 09時56分

シナの貿易依存度(対GDP比率)は66.7%とかで、ダントツの世界一なんですが、その内の45%に当たる30%が輸入ですから当然物価は上がるでしょうね。
利上げによる外資の流入も懸念材料ですし、元安コントロールによる経済の歪が顕著になりつつあるようですね。

投稿: シルバーな親父 | 2010年10月30日 (土) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49874364

この記事へのトラックバック一覧です: 元安ではインフレを止められない:

« 小沢さんを切り捨てたらいかがでしょうか? | トップページ | 他人のものの見方に文句を言うこと »