« 元安ではインフレを止められない | トップページ | もしかしてバカ?中国 »

2010年10月29日 (金)

他人のものの見方に文句を言うこと

他人のものの見方に文句を言うこと

琉球新報 社説:http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-169323-storytopic-11.html
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-169323-storytopic-11.html

沖縄戦で肉親を亡くした上、無断で靖国神社に「英霊」として合祀(ごうし)され、精神的苦痛を被ったとして、県内の遺族5人が起こした合祀取り消し訴訟で、那覇地裁は国、靖国神社双方への請求を退け、損害賠償も棄却した。

今回、原告が問題視したのは、戦争の被害者である肉親が、加害者側に立つ軍人・軍属と同列視されているからだ。判決は、尊い肉親の御霊(みたま)を無関係な宗教団体が勝手に祭ることで当然生じる精神的苦痛に背を向け、非戦に向けて沖縄戦の歴史を正確に刻む営みに対する理解が欠けている。

靖国神社は私的な法人である。その私的な存在が或る個人をどう思おうと勝手である。日本は自由な社会であるから私人Aと私人Bが或る個人への評価が180度違ったとしても、なんの不思議もないし、どちらかに統一しなければならないと言うこともない。

  *        *        *

ふたつばかり言いたいことがある。

ひとつめは、靖国神社が私的な法人であることへの不満だ。靖国神社のような存在は公人であってこそ意味を持つ。それに公人であればA級戦犯とされた方々をお祭りする時にも国民全体で議論することが可能であった(すくなくともタテマエは)。国民的議論の上で結論を出していれば今のようなグダグダな状況にはならなかったのではないか。

ふたつめは、サヨクのダブルスタンダードに対する不満だ。保守派は(民族派は)個人や個人の自由というものを至上の価値とはしないが、サヨクは個人の自由を重視すると言う。しかし、靖国神社の自由は尊重しない。

矛盾してないか?

言っている事と、やっている事が違わないか?

  *        *        *

昔、偉い人が言ったという「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」と。

サヨクな人はプライドを持って欲しい。

  *        *        *

サヨクの方々は靖国神社を国家護持することを目指したらどうだろうか。靖国神社が国営の施設であれば、誰が英霊で誰が英霊でないか政治が介入できる。なんせ税金が使われる皆の施設になるんだから。そしたら誰をお祭りするべきかの裁判にも価値が出る事になる。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 元安ではインフレを止められない | トップページ | もしかしてバカ?中国 »

コメント

自分が参りも祀りもしない事を棚に上げて、靖国神社を誹謗する、人間じゃないですね。

投稿: 猪 | 2010年10月30日 (土) 09時41分

金にしたいサヨクに煽られて損害賠償請求に走ったと言う構図では・・・。

投稿: シルバーな親父 | 2010年10月30日 (土) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49880094

この記事へのトラックバック一覧です: 他人のものの見方に文句を言うこと:

« 元安ではインフレを止められない | トップページ | もしかしてバカ?中国 »