« 反日デモは間もなく収束する | トップページ | 中国には「お祭り」が必要なのではないか »

2010年10月18日 (月)

自衛隊の皆様、お疲れさまでした

自衛隊の皆様、お疲れさまでした

毎日新聞:首里鳥堀・不発弾処理:避難10時間「疲れた」
http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20101018rky00m040001000c.html

那覇市首里鳥堀町で米国製の不発弾が爆破処理された17日、普段なら静かな日曜日の住宅地内は朝から外出する住民らの車両や避難場所へ向かう住民で騒然とした。近くの学校や公民館で待機した人たちは沖縄戦から65年が経過しても生活の場の間近に爆発物が潜むことに恐怖を募らせ、作業の無事を祈った。避難住民には高齢者も多く、不安の中、約10時間に及んだ“避難所生活”に疲れをにじませた。



午後5時41分に避難が解除されると、住民はほっとした様子で家路についた。不発弾が発見された土地を所有する男性(35)=糸満市=は現場を確認し「被害はないと聞いて安心した。安全に終わってよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

不発弾を処理したのは自衛隊の不発弾処理隊の方々です。不発弾による事故で死者が出る事でもわかるように、命がけの作業です。

マスコミで、住民の負担について書かれることは多いですが、自衛隊の作業が命がけのものであった事が書かれることが殆どありません。ですから(こんなブログで書いても意味ないかもしれませんが)書きます。

自衛隊の皆様、お疲れさまでした。安全な作業ありがとうございました。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 反日デモは間もなく収束する | トップページ | 中国には「お祭り」が必要なのではないか »

コメント

無事故ですから凄いことです。

投稿: 猪 | 2010年10月19日 (火) 09時57分

生命の危険を省みずに当たり前のように作業を無事に完了するって、生半可な覚悟で出来ることではありません。感謝。

投稿: シルバーな親父 | 2010年10月19日 (火) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49780815

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊の皆様、お疲れさまでした:

» アメリカの占領は今も続いている [日本を変える論客たち]
アメリカ軍は戦後65年たった今も日本の要職に自分たちが自由にコントロールできる人間を送り続け、間違いなくの国を支配し続けている。残念ながら日本は今もアメリカの占領国なのだ。...... [続きを読む]

受信: 2010年10月18日 (月) 23時47分

« 反日デモは間もなく収束する | トップページ | 中国には「お祭り」が必要なのではないか »