« 他人のものの見方に文句を言うこと | トップページ | 褒めるべきか、貶すべきか、それが問題だ »

2010年10月30日 (土)

もしかしてバカ?中国

もしかしてバカ?中国

毎日新聞:日中首脳会談:中国側 「日本側が雰囲気壊した」と拒否
http://mainichi.jp/select/today/news/20101030k0000m010116000c.html

日本外務省幹部によると、中国側は仏AFP通信の記事に問題があると伝えてきた。AFP通信は、前原外相の発言として、東シナ海ガス田開発の条約交渉再開で両国が合意したという記事を配信しており、中国側はこれを問題視した可能性が高い。外務省は同社に訂正を求めたという。

中国は会談拒否で何を得ようとしているのだろうか。国内政治が原因という見方があるようだか、それなら正直にそれを日本に伝えておくべきではなかったか。

直前になってのドタキャン、しかも理由がフランスの通信社の誤報です。中国は日本に「怒って当然なこと」をしてくれました。

日本人には中国大陸に漠然とした憧れのようなものがあります。中国が日本から利益を得ようとするなら、日本人が中国に対する憧れや好意を持っている事は有利になりますし、利用できるでしょう。しかし、こんなような「怒らせて当然なこと」をしてしまうと、日本人の中国に対する感情や評価はますます厳しくなってしまいます(それでなくても、最近評判悪いのに)。

このドタキャン、中国という国家としては不利益の方が大きいででしょう。おそらく中国内部での政治闘争の結果なのでしょう。内部でのゴタゴタで国益を失う。どこの国にもあることです(でも、もう少し上手いやり方があるんじゃない?)。

  *        *        *

日本はオタオタする必要はありません。中国は日本に責任のない誤報を理由にドタキャンした。日本は、日本に責任のない事を(まったくの他人の行為を)理由に、中国が「日本側が雰囲気壊した」と日本を悪く言った事を憶えておけば良いと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 他人のものの見方に文句を言うこと | トップページ | 褒めるべきか、貶すべきか、それが問題だ »

コメント

>日本はオタオタする必要はありません。

民主党、財界、マスコミはオタオタするでしょう。

シナ様がお怒りだ!大変だ!
シナ様に嫌われたら生きていけない!
ご機嫌を回復する為に何かしなくては!
そうだ!何かプレゼント(日本の国益の譲渡)を贈ろう!

てな感じになるのではないでしょうか?

シナの歴代王朝は、朝貢国の扱いに長けていました。
シナ共産党政府の民主党政権への対応は、朝貢国への躾(レッスン)と考えるべきでしょう。

ようするに、シナ共産党政府は、アジア諸国の目の前で、奴隷(=日本)への躾を行って見せる事により、

     日本=シナ共産党政権の属国

という事実をアジア諸国に理解させたという事です。

投稿: 平凡太郎 | 2010年10月30日 (土) 09時02分

全て相手が悪い、これが世界の政治の世界でしょう。

投稿: 猪 | 2010年10月30日 (土) 09時39分

支那は阿ホですね 空管と会談したら空管は何でも仰有る通りと 何でも言うこと聞いたのに 日本国民は安堵でしたねsun

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2010年10月30日 (土) 11時15分

中国は前原大臣を潰したいのかも。
イオンが中国で開店しました。反日デモのターゲットになるかならないか見ものです。
岡田さんは属・親中です。

投稿: ポポ | 2010年10月30日 (土) 12時18分

シナ国内事情のあわただしさを感じますが、外務省は冷静に情報分析できますかね。前原氏とホノルルで会談したクリントン国務長官の尖閣発言が原因との報道もあるようです。

投稿: シルバーな親父 | 2010年10月30日 (土) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49882911

この記事へのトラックバック一覧です: もしかしてバカ?中国:

» 日本鬼子(リーベングイズ)と罵って日本鬼子(ひのもとおにこ)になったでござる [『帝國』ブログ]
しばらくぶりの更新でございます。更新できるネタはいくらでも転がっていますのでその点で困ることはありませんでしたが、いざエントリーする段階になると何故か無駄に長々と文字を打たざるをえなくなるのでまとまった時間が必要ともなり更新の際のハードルになったのも確かでした。 しかし、この件は当ブログでも記録に留めておく珍事であると思いまして記事にしておきます。 「どうしてこうなった・・・?」 中国共産党の史観に基づく教育を受けた中国国民の反日的傾向はネットの普及もあって指摘されて久しいですね。... [続きを読む]

受信: 2010年11月 1日 (月) 12時13分

« 他人のものの見方に文句を言うこと | トップページ | 褒めるべきか、貶すべきか、それが問題だ »