« 喜んでばかりはいられない | トップページ | 「大風呂敷」失言となるか »

2010年10月 7日 (木)

狡猾さが足りない

狡猾さが足りない

読売新聞:菅首相、中国語通訳同行せず…廊下で首脳会談
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101005-OYT1T00621.htm

一方、温首相は会場に、中国外務省アジア局の日本担当者を同行させた。在日本中国大使館での勤務経験が長い日本専門家で、関係筋によると、当初は会場入りする予定はなく、必要な登録手続きをしていなかった。このため、登録済みの別の中国代表団メンバーの名義で入ったという。菅首相との会談に同席し、発言を中国語に直接通訳して温首相に伝えたとみられる。

旧聞に属するかもしれませんが、日中の首脳が非公式会談を行いました。その時に日本側に通訳がいなかった事を自民党などは追求しています。それはそれとして追求して頂くべきなのですが、私は中国側がちゃんと準備していた事を重視するべきだと思います。

「登録済みの別の中国代表団メンバーの名義で入ったという」

外交の場で他人名義で働くことが良くある事なのかどうか、そもそも本当に他人名義なのかも判りませんが、中国側は多少のズルをしてでも専門家を同席させた。一方日本は通訳すら不在だった。

これで勝てますか?

日本側には(菅政権には)狡猾さが足りないように思います。あるいは専門家(官僚)を使いこなす能力がないのかも知れませんが。

素人集団では勝てません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 喜んでばかりはいられない | トップページ | 「大風呂敷」失言となるか »

コメント

専用機に乗りたいだけの人・・・行く必要など有りませんでした、中国首脳とは話しても無駄と「怒」を国内で表現して居る方が余程効果はある。

投稿: 猪 | 2010年10月 7日 (木) 09時45分

菅さん本当に中身 空 何にも無いのでしょうね
日本の不幸

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2010年10月 7日 (木) 09時55分

図太さと強かさが要求される外交に、官僚を使いこなせない素人にしゃしゃり出られては百害あって一利なし。

投稿: シルバーな親父 | 2010年10月 7日 (木) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49671120

この記事へのトラックバック一覧です: 狡猾さが足りない:

» 今も共同体に生きるドゥンガと共同体から孤立した中田英寿 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の10のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち ③歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない ④戦争…... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 21時29分

« 喜んでばかりはいられない | トップページ | 「大風呂敷」失言となるか »