« プライバシー | トップページ | 推定無罪は良いけれど »

2010年10月12日 (火)

中国に民主化を要求すべきか

中国に民主化を要求すべきか

ロイター:中国メディア、劉氏への平和賞は「欧米による恐怖の表れ」
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-17608520101011

同国の新聞「環球時報」は、「反体制派」である劉氏に平和賞を授与することは、中国の拡大する富と力に対する欧米諸国の偏見と恐怖を象徴していると指摘。劉氏が呼び掛けている民主化が実現するならば、「中国の運命は旧ソ連やユーゴスラビアと同じようになる可能性があり、国家は崩壊するだろう」と強調した。

西側が失敗国家や内乱でグチャグチャになった国家に介入し立て直す時、とりあえず選挙をやって正当な政権を確立しようとする。

でも必ずしも上手く行かない。

アフガニスタンやイラクの例を引くまでもなく、とりあえず選挙やっちゃえってやっても民族対立や宗教対立のある場所では上手くいかない。

国家の統一より部族や民族や宗教や宗派の方が大事だと選挙なんかやっても○○族は○○党に投票ってことにしかならない。

  *        *        *

中国が民主的な選挙をやったとして、統一を保てるだろうか。

極めて疑問だ。

とりあえず安定している現在の状況と比べて、一時的には悪い状態に陥る事になる事は間違いない。場合によってはユーゴスラビアのような内乱と分裂状態に陥るだろう。

さて、このような予測があるときでも民主化を要求すべきだろうか。

  *        *        *

日本にとっては民主化された統一中国は脅威だ。民主国家は独裁国家よりも、長期的には発展するだろうし、その国民が反日的となれば議論の余地はない。仮に(予想道理に)民主化された中国が分裂したとするならどうだろうか。分裂した小国家同士の駆け引きに巻き込まれないだろうか。戦前のように。

  *        *        *

日本にとって中国の民主化が利益になるかどうかは微妙なところだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« プライバシー | トップページ | 推定無罪は良いけれど »

コメント

5・6個の国に分かれるのが、中国大陸が貧困の差を抱えながらも生きていける道だと思うのですが、共産党独裁、領土欲のある以上は、矛盾を抱えたまま、世界に害毒を流しながら進む、迷惑な話です。

投稿: 猪 | 2010年10月12日 (火) 09時17分

民主化するかどうかは別にして、仮に民主化運動などがキッカケとなりシナ共産党の一党独裁体制が崩れれば、シナはまた昔の混沌とした状態に逆戻りして、内乱状態に陥るであろう事は十分に考えられると思うのですが。
いずれにしろ、世界中に迷惑を掛け続けることに変わりはなさそうですね。

投稿: | 2010年10月12日 (火) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/49718943

この記事へのトラックバック一覧です: 中国に民主化を要求すべきか:

« プライバシー | トップページ | 推定無罪は良いけれど »